アクセスランキング
2012-12-16(Sun)

クリスチャン・ベール Christian Bale プロフィール


クリスチャン・ベール1974年 1月 30日生まれ 身長186cm イギリス人 一児の父

父親は元パイロット、母親はサーカスの元ダンサー、祖父はコメディアンというショウビズの世界に親しむ家庭で育つ。ミュージシャンを目指していた姉の影響で音楽の道を志したが、途中で役者志望に転向した。10歳から演技をはじめ、演劇学校に入学し、いくつかのCM出演を経て、1986年ローワン・アトキンソンの舞台『The Nerd』に出演した。13歳の時にスティーヴン・スピルバーグ監督作品『太陽の帝国』に、オーディション参加者4000人の中から選ばれ、主人公役で映画デビューを果たした。その後、2年間ほど学業に専念した後、再び俳優としてのキャリアをスタートさせた。着々とキャリアを重ねていき、2010年公開の『ザ・ファイター』では、ゴールデングローブ賞 助演男優賞、アカデミー助演男優賞を受賞した。また役作りに関しては、自身の妥協を許さない役者でも知られている。

個人的にですが、子役時代から大好きな俳優です。彼の初主演の作品『太陽の帝国』は 公開より数年後に観て以来、私の宝物となっている作品のひとつです。その後、再び大人になった彼を発見したのは「ターミネーター4」でした。当時は映画は好きでも俳優に興味がなく彼の出演作「アメリカンサイコ」「リベリオン」を観ても大人になった彼にそれまで気づかなかったのです。ターミネータ4のコナーを見て気づいたときは感激してとっても嬉しかったです。子役当時は、将来彼がヒーローものジャンルでこれほど大ブレイクするとは思いませんでしたが。


2004年公開された、眠れない男『マシニスト』ではガリガリに痩せた主役を熱演。これは、当時この脚本をクリスチャン・ベールが気に入ったことで自分から監督に出演を申し出たというもの。役作りの為、周りから止められるほどの減量。しかし、この撮影のすぐあとにバットマンで増量って過激です。話題性には富むけれど体が心配です。もう、やってほしくないと、ひそかに願っているのです。


Christian_Bale-weight_control.jpg


christian_bale110627-03.jpg222255555.jpge0034633_17463410.jpgelcaballerooscurolaleyendarenace_65.jpg
太陽の帝国               ベルベット・ゴールドマイン    ニューワールド        ダークナイト ライジング




★受賞★2010年公開の『ザ・ファイター』
 ゴールデングローブ賞 助演男優賞、アカデミー助演男優賞を受賞


[主な出演作品]

1987年 太陽の帝国
1994年 若草物語
1996年 ある貴婦人の肖像
1998年 ベルベット・ゴールドマイン  
2000年 アメリカン・サイコ
2001年 コレリ大尉のマンドリン
2002年 リベリオン/サラマンダー
2004年 マシニスト
2005年 バットマン ビギンズ/ニュー・ワールド
2006年 プレステージ
2007年 戦場からの脱出/アイム・ノット・ゼア/3時10分、決断のとき
2008年 ダークナイト
2009年 ターミネーター4/パブリック・エネミーズ
2010年 ザ・ファイター
2011年 金陵十三釵
2012年 ダークナイト ライジング
2013年 アメリカン・ハッスル



◆外部関連記事◆

●海外俳優の壁紙 Actor wallpaperクリスチャン・ベール/Christian BaleBatman / The Dark Knight Statue: Batman(2008/08/25)不明商品詳細を見る...
クリスチャン・ベールの壁紙

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
19位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング