アクセスランキング
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-07(Sun)

ジュリエット・ビノシュ Juliette Binoche プロフィール

Juliette Binoche1964年3月9日生まれ、フランス、パリ出身の女優。身長:168 cm(49歳)
フランス人で舞台監督の父とポーランド人女優の母の間に生まれる。幼少のうちに両親が離婚したため、それぞれの親とカトリックの寄宿学校の間を行き来して育ち、演技のレッスンは母親から受けていた。12歳の時に舞台に出演。その後舞台活動を続けながらパリの芸術高校に通ったのちフランス国立高等演劇学校にて学ぶ。1983年には映画デビューも果たした。

映画デビュー後、『ゴダールのマリア』や『ランデヴー』などの作品に出演し、フランス国内で知名度が上がる。その後も数々の受賞とノミネートが続き『イングリッシュ・ペイシェント』ではアカデミー賞助演女優賞に輝き、この作品では他にも数々の女優賞を受賞した。
3年後の『ショコラ』でもアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。

私生活では1980年代に『汚れた血』『ポンヌフの恋人』の映画監督レオス・カラックスと交際していたが破局。他にもダニエル・デイ=ルイスやオリヴィエ・マルティネスとも交際していた。1993年にスキューバダイバーの男性との間に長男を、1999年に『年下のひと』で共演したブノワ・マジメルとの間に長女を出産するが、どちらも破局している。2005年から2008年までアルゼンチン人脚本家のサンティアゴ・アミゴレナと交際していた。その後も交際していた男性がいたのですがその方は2012年に他の女性と婚約したので、ビノシュは現在フリーか、ひょっとすると新しい恋をしているかも?しれません。


45587_20130707011610.jpg
素晴らしいキャリアを持ち、良い作品にも恵まれているビノシュ。演技の実力が見えてくる年齢となった今後の彼女に注目です。

★受賞★

『ポンヌフの恋人』ヨーロッパ映画賞 主演女優賞
『トリコロール/青の愛』ヴェネチア国際映画祭 女優賞/セザール賞 主演女優賞
『イングリッシュ・ペイシェント』アカデミー助演 女優賞/英国アカデミー賞助演 女優賞/ヨーロッパ映画賞 女優賞

[出演作品]

1984年 暗殺の報酬/ゴダールのマリア
1985年 家族生活/ランデヴー
1986年 汚れた血
1988年 存在の耐えられない軽さ
1991年 ポンヌフの恋人
1992年 嵐が丘/ダメージ
1993年 トリコロール/青の愛
1995年 プロヴァンスの恋
1996年 カウチ・イン・ニューヨーク/イングリッシュ・ペイシェント
1998年 ゴダールの映画史/溺れゆく女
1999年 年下のひと/サン・ピエールの生命
2000年 コード・アンノウン/ショコラ
2002年 シェフと素顔と、おいしい時間
2004年 イン・マイ・カントリー
2005年 隠された記憶/綴り字のシーズン/マリー 〜もうひとりのマリア〜
2006年 パリ、ジュテーム/カウントダウン 9.11/こわれゆく世界の中で
2007年 ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン/撤退/40オトコの恋愛事情
2008年 PARIS(パリ)/夏時間の庭
2010年 トスカーナの贋作
2011年 陰謀の代償 N.Y./コンフィデンシャル
2012年 コズモポリス
2014年 Godzilla'



★外部関連記事★

映画的・絵画的・音楽的 トスカーナの贋作
(1)この映画は、初めのうち美術品の贋作を巡るお話と思わせておきながら、どうやらそれにとどまらず、もっと幅広い視点から「贋作」を捉えていることが次第に分かってきます。冒頭は、イギリスの作家ジェームズ(ウィリアム・シメム:オペラのテノール歌手とのこと)が、トスカーナ地方の町で、自分の贋作に関する著書『Copia Conforme』(注1)について講演する場面です。講演者の机には、立派に装丁された本が展示されています。ですが、そんな本など出版されてはいないのですから、それ自体が「贋作」でしょう!

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

Re: No title

クマネズミさん
コメントありがとうございます。ビノシュは昔も今も笑った顔が可愛くて大好きな女優さんの一人です。『陰謀の代償』はまだ見ていないのですが、脇役でも印象に残る演技で評価されるような女優さんになってほしいですね。


> ビノシュは実にチャーミングで素晴らしい女優ながら、日本では取り立てて話題にならなかった『陰謀の代償』という米国映画の脇役として登場したりして、不思議な感じもしました。

No title

お早うございます。
拙ブログのエントリを貴ブログの「外部関連記事」として掲載していただき、誠にありがとうございます。
ビノシュは実にチャーミングで素晴らしい女優ながら、日本では取り立てて話題にならなかった『陰謀の代償』という米国映画の脇役として登場したりして、不思議な感じもしました。
ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
18位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。