アクセスランキング
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-05-15(Fri)

レア・セドゥ Léa Seydoux プロフィール

レア・セドゥフランス・パリ出身。女優、1985年7月1日生まれ(2015年現在29歳)

彼女の祖父のジェローム・セドゥはフランスの映画会社「パテ」の会長であり、大叔父のニコラ・セドゥも同じくフランスの映画会社「ゴーモン」の会長及びCEOである。また、彼女は、世界最大の油田検層事業、油田サービスをおこなう多国籍企業、「シュルンベルジェ」の創業者マルセル・シュルンベルジェの曾孫にあたる。

2005年にラファエルのミュージック・ビデオに出演し、2006年に『Mes Copines』で女優としてデビューする。2008年、『美しいひと』で第34回セザール賞の有望新人女優賞にノミネートされた。翌年、『イングロリアス・バスターズ』への出演でハリウッドに進出。2012年には、『マリー・アントワネットに別れをつげて』でアントワネットの朗読係の主役を演じ、第38回セザール賞の主演女優賞にノミネートされている。2013年、主演で『アデル、ブルーは熱い色』が第66回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。また、スティーブン・スピルバーグ監督率いる審査員側より『セドゥとアデル・エグザルホプロス』にも特別にパルム・ドールが贈られ、セドゥは同映画祭史上初となる出演女優としてのパルム・ドールW受賞を果たした。翌年『アデル、ブルーは熱い色』と『Grand Central』での演技で、第19回リュミエール賞の最優秀女優賞を夫々受賞。プラダの香水の広告モデルとしても活躍している。
どちらかというと地味な印象を受ける方です。華やかさや派手さもありません。しかし、なぜか目を引く女優だとも思っていました。不思議と笑っていない表情のほうがインパクトがあります。富豪の家系とは思ってもみませんでしたが、身内に映画界に精通した人物に恵まれていながらも、早い時期からヌードになったり、小さな役から地道に活動をしていることや、ハリウッドに出演するまでの配役を見てみると、決して身内の後ろ盾があったとは思えない経歴です。そんな彼女が、2014年の「美女と野獣」のヒロインで真逆なイメージの役に抜擢されたことを知ったときに、やはり、大物の資質があるのだと思いました。しかも、まだ若い。これからも、もっと力を付けて多くの大作に登場してくるのではないでしょうか。とても楽しみです。

41MlaUW+3zL.jpg

02_20150515033614ce6.jpg


[出演作品]
2006年 Mes copines(日本未公開)
2007年 最後の愛人(日本未公開)
2008年 戦争について(日本未公開)/美しいひと(日本未公開)
2009年 イングロリアス・バスターズ/ルルドの泉で(日本未公開)
2010年 ロビン・フッド/美しき棘(日本未公開)/幻の薔薇(TV映画/日本未公開)/ミステリーズ 運命のリスボン
2011年 ミッドナイト・イン・パリ/ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル
2012年 マリー・アントワネットに別れをつげて/シモンの空(日本未公開)
2013年 アデル、ブルーは熱い色
2014年 グランド・ブダペスト・ホテル/美女と野獣



★外部関連記事★

サイの角のように 独りよがり映画論/『美女と野獣』 レア・セドゥ版の出来は?
一方で今回のクリストフ・ガンズ版『美女と野獣』はベル役のレア・セドゥの印象が強い。ヴァンサン・カッセルはさすがにジャン・マレーと比べると普通すぎると思う。レア・セドゥ演じるベルが野獣の城へ赴くとほとんど彼女のひとり舞台の様相もある。野獣はたまにしか姿を現さないし、ドレスを色々と着替えたりして、お嬢様タイプのレアを観たいという人ならば楽しめるかもしれない。ドレスから垣間見える白い胸元は強調されているけれど、残念ながら(?)裸はない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
7位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。