アクセスランキング
2014-08-23(Sat)

愛しのローズマリー/心の美人が見える魔法

2001年 アメリカ
愛しのローズマリー個性派俳優、ジャック・ブラックと「恋におちたシェイクスピア」のヒロイン、グヴィネス・パルトロウのハートフルラブコメディ。左のジャケットからは「美女と野獣」系に見えるも、ちょっと違う。グヴィネスは一役で外見が二通りの役をこなしています。後姿ぐらいは代役を使っていたかもしれませんが、最初に観た時には、彼女のもうひとつの顔が特殊メイクによるものであることに誰もが気がつかないでしょう。そのメイク顔は後半まで見ることが出来ないので、好奇心で最後まで引っ張られてしまいます。ストーリーは単純でオーソドックスですが、楽しく観られます。

主人公はハル。自分がダサイのに、女性の好みは「外見がスーパーモデル級」という勘違い男。
その原因は・・むかしむかし・・・父親が死に際に、9歳の彼にとびきりの女をと・・。

hanachanono-img600x450-1397938549vsaxn47671_20140823021852932.jpg
        「・・抜群のケツと・・・」・・なんじゃこの遺言?して、ご愁傷様。

父を尊敬していたハルはその遺言に従順に成長するのでした。そしてあっというまにおじさんに。(?いや、ひよっとして?若いのか??)
そして、今日も美女を求めてバーに出没。女性に相手にされなくても、決してめげない彼の親友は、これまたイケてないマウリシオ。


ある日、ハルは人気カウンセラーのトニー・ロビンスとエレベーターに閉じ込められる。その間、ハルの話を聞いたトニーはハルを気の毒に思い、ある暗示をかける。その直後から彼は美人に相手にされるようになり????。うきうきの彼の前に理想の女性が現れる。

8up95x381iqb9pxb_20140823031613553.jpg
カウンセラーは海外版 「阿部寛」です。      カウンセラー料金無料の大サービス      パンティ売り場でナンパ

8up95x381iqb9pxb_20140823034516391.jpg
彼女は性格も良く、優しくて申し分のない美女。親友マウリシオに紹介、でも様子がなんだか変。だけど恋は盲目、細かいことは気にしない

frompariswithlove_2014082304190594a.jpg
ハルの様子に気づいたマウリシオは、
彼を元に戻すべくカウンセラーのところへ。

そして魔法が解けた後の展開。
ちょびっとのほろ苦さ、ホットな感じとお笑いも忘れていない。
他の登場人物も変化しているのも面白いです。

最後にローズマリーの本当の顔も知らないのに
彼女に決めたハルの行動は?




コメディとして充分楽しめる内容ですが、女性の外見だけの物語ではなく、顔が半分やけどしている女の子や、身体障害者を登場させているところが、外見ゆえ偏見視されがちな人たちへの、人権の尊重への願いも込められている作品だと感じました。

愛しのローズマリー〈特別編〉 [DVD]

[監督]
ピーター・ファレリー/ボビー・ファレリー
[出演]
ハル・ラーソンジャック・ブラック
ローズマリー・シャナハン グウィネス・パルトロー
マウリシオジェイソン・アレクサンダー
ジルスーザン・ウォード
ウォルトレネ・カービー
スティーヴ・シャナハンジョー・ヴィテレッリ
アンソニー・ロビンズアンソニー・ロビンズ(本人/阿部寛に似ているリアルカウンセラーでした)
シャナハン夫人ジル・クリスティーン・フィッツジェラルド



★外部関連記事★

今日の女王サマ/愛しのローズマリー
観た後に心が温かくなる映画です。特にローズマリーがボランティアで通っている火傷専門治療病棟にいる子供たちの外見が、催眠術をかけられている時と、解けた時で大きく違い、それに気づくハルの表情がいいですねぇ。この映画の中に脊椎披裂という障害をもつRENE KIRBY(レネ・カービー)という人が出ています。ハルは彼に対してもまったく偏見がなく、もともとはいいヤツなんだなと思わせます。レネ・カービーは俳優ではなく、IBMの元社員という素人さん。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
21位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

・歴史上の人物の選択から自分の人生を考え直す

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング