アクセスランキング
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-12(Thu)

ミス・インターナショナル世界大会 2012年グランプリ受賞者 吉松育美さん

吉松育美久々の「気になる人」です。今回はミス・インターナショナル世界大会で、日本人として史上初となるグランプリを受賞した吉松育美さんです。

受賞後の活動として、ミス・グランプリを通じたイベントは勿論の事、自身が考案したとされる「学生外交グローバルネットワーク」(日本の学校と海外の学校をネットで結んだ国際交流授業)に力を入れ、世界の子供たちのために活動しています。また、内閣府主催の「少子化タスクフォース」の委員にも選出されました。2013年に自身の事務所「IY GLOBAL」を設立し独立。書籍「Making 世界一」と写真集を出版。また、オリンピック招致アドバイザーとして、その役目を務めました。実は、私が彼女の活動が気になるようになったのは、世界大会に優勝したからではなく、今年3月末に、彼女は日本人にとって非常にデリケートな社会問題に触れ、その発言が波紋を呼んだ事が切欠でした。慎重さには欠けるとは思ったけれど、同時に優しさと勇気を持ち合わせ、広い視野で物事を捉える人という印象を受けたのです。 

そんな彼女は、先日オファーによりハリウッドデビューが決まりました。しかし、間違っても、「ただの女優」になって欲しくはない。今までしてきた事も、継続して欲しいです。同時に、 ハリウッドで成功すれば、強い影響力を持つことも事実なので、そこから更なる社会的活動を 広げるのではないでしょうか。きっと彼女の目線はこちらにあると思います。
これからも、応援しながら長く見守っていきたい方です。


余談になりますが・・
今起きていることを報道しない国内TV業界、操作されているマスコミ。過剰「ゴリ押し」で同じタレントしか出てこないCMとバラエティ番組。TVを付けて民放/ゴリ押し笑顔のUPだったりすると、途端にゲップを通り越し食べすぎで吐きそうな心境。もはや「腐敗」の二文字の言葉しか浮かんでこない。気がつけば1日中、「CS放送」しかつけていない我が家のテレビ。 ニュースや世論はインターネットでも収集。我が親戚一同は以前と違い、民放を100%は信用をしてはいない。新聞も必要なし。何故、正確な情報を提供してくれないメディアにお金払わなきゃならないのでしょう?NHKも同じ穴の狢 、社会的役割が明確ではなくスローガンや理念もなく、情報を発信せず隠蔽する。こんなことでは、NHKの存在意味などなく受信料掛かる理屈も理解できない。「民営と同じことしかできないのであれば完全な民営にするべき。」総務省が所管」など、ただのお飾りです。 あるいは、法律を改正し、国営放送にして「クリーンで正確な情報を提供すること」を目指すべきと考えます。腐ったテレビ業界に心理学者が絡めばスクリーン上から心理操作される可能性もあり、とても危険です。こんなご時勢だから間違ったことに惑わされることがないよう、自身で真実を追求する事が必要であり、芸能界や現在のTVや新聞などのメディアは異常であることを多くの方が認識しなくてはなりません。

↓「日本の民放テレビ」と「総務省所管のNHK」は真実を伝えてはくれない↓
ミス・インターナショナル吉松育美さんの「芸能界の闇」告発/日本のマスコミは黙殺→海外では続々報道される

以下は・・
海外テレビは一斉に放送し、「日本の民放」と「総務省所管のNHK」は一斉に隠蔽した、
「ミス・インターナショナル世界大会 2012年グランプリ」の置かれた状況。
011.jpg


01-2.jpg
02.jpg

03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg

Making 世界一 /吉松育美[単行本(ソフトカバー)]



★外部関連記事★

吉松育美オフィシアルブログ 2014年02月23日(日)「ストーカーZERO」もうすぐ12万突破!より
「日本は素晴らしい国なのにこんなことが起こってるなんて信じられない!」「今こそ、立ち上がるべきだJAPAN!」というような、フェミニストを始めとする大勢の方から、ポジティブなメッセージが数多く寄せられています。私も今、アメリカで多くの著名人にお会いする度、みんな私の状況を聞いてくれます。そして、信じられないくらい味方になってくれます。国境を越えても、人を思いやる心や弱者を守る心、間違えている事に対して「NO」と声を上げることは、ここアメリカでも日本のみなさんと気持ちは同じです。国境なんて本当に関係ない…今日会ったハリウッドのライターさんの娘がこんなTシャツを着ていました。< DON'T BE SILENCED ! >口を塞がれてはいけない!彼女は10代にも関わらず、女性の人権問題に関して必死に活動している子でした。


※目が覚めて思うこといろいろ/「日本を取り巻く真実」「本当の日本」を取り戻したい。多くの人に目覚めてもらうために。
吉松育美さんへ。 とても長いですがお手紙を書きました。ぜひ読んで下さい。私は昨年12月、貴ブログで、あなたがストーカー事件に巻き込まれ、またその訴えの記者会見を行なったにもかかわらず、日本の大手マスコミが全く報道せず闇に葬っていることを知りました。・・中略・・今の価値観を過去の歴史に無理やり重ね、当時の是非を判断することは非常に危険です。当時合法であったものを、現在の法に照らして考えることは、新法を遡って当てはめる「遡及法」と同じこととなってしまいます。これは絶対にやってはならないことなのです。・・中略・でも、あなたの危機的な訴えを知り、あなたが日本代表として国際友好のために頑張っていらした姿も知り、日本人として、あなたを守らなくてはならないと立ち上がり、問題をネットで拡散し目を光らせ、多くの方が署名にも応じたのです。・・・「日本人である」ということは、まず自らのアイデンティティーを確立するものです。・・そのためにも、どうか歴史をもう一度調べて下さい。あなたの影響力は、非常に大きいのです。あなたの一言で先人の歩みが一瞬にして穢されてしまうことを私は非常に恐れます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
21位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。