アクセスランキング
2014-02-23(Sun)

レオナルド・ディカプリオ Leonardo DiCaprio プロフィール

レオナルド・ディカプリオアメリカ、カリフォリニア州生まれ。俳優、映画プロデューサー、脚本家。1974年11月11日(2016年現在41歳)レオナルドの名前は、母が妊娠中に美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画を鑑賞している時に、胎児の彼が動き反応した事から付けられたというエピソードが有名。両親は彼が生まれてまもなく別居。母親に引き取られて成長する。幼少の頃は母の実家のドイツをよく訪れ、祖父母と過ごすことが多かった為、ドイツ語が堪能である。両親離婚後も父親とよく会っていた。父親が再婚すると、再婚相手の息子が当時TVコマーシャルに出演していることを知り、それに感化されたディカプリオは、自らも俳優を目指すようになったという。10歳頃から数々のオーディションを受け始め、落選が続き痛恨の思いを噛み締める時期が続きますが、14歳の時、ようやくTVコマーシャルの出演を果たすと、そこからは順調にTVドラマの出演を重ね、19歳で『ギルバート・グレイプ』に出演。アカデミー助演男優賞にノミネートされます。2年後、『ロミオ+ジュリエット』でベルリン国際映画祭男優賞受賞。翌年、『タイタニック』では最高興行収入を記録し、2度目のゴールデングローブ賞主演男優賞ノミネートに上がり、その名が世界中に知られることとなりました。こうして若いうちに俳優としての実力を高く評価された彼は、その後も出演した作品のヒットが続く中、2001年には映画制作会社、「アッピアン・ウェイ」を設立。ここで初めて製作した2004年公開の『アビエイター』では、自ら実在したアメリカの大富豪「ハワード・ヒューズ」を演じ、ゴールデングローブ賞 ドラマ部門主演男優賞を受賞。 さらに2006年の『ブラッド・ダイヤモンド』でアカデミー主演男優賞にノミネートされ、2008年には『タイタニック』で共演し現在も友人であるケイト・ウィンスレットと夫婦役で再び共演した『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』でゴールデングローブ賞 主演男優賞のノミネートに上がるなど、その活躍は一度も留まる事がありませんでした。

2013年12月、ドイツのビルト紙上において俳優休業宣言をした。「僕には自分のための時間が必要だった。言ってしまえば、15歳のころからずっと俳優をやっていて、ほとんど休みを取らずにやってきたわけだからね。特に『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は6年も企画を温めていて、撮影も強烈の一言だった。それが終わったことで、一区切りをつけようと思ったんだ」とのこと。この『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、ディカプリオにとっては製作も兼ねた渾身の一作で、数々の賞を受賞したが、残念ながらオスカーは逃してしまう。復帰して最初の作品、『レヴェナント: 蘇えりし者』で2016年アカデミー主演男優賞を受賞、ようやく念願のオスカーを手にした。

近年では、エコロジー関連の活動も知られている。

113675396 (1)

※2016年更新※



★受賞★
2004年 『アビエイター』 ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)
2014年 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)
2016年 『レヴェナント: 蘇えりし者』 アカデミー主演男優賞/ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)

[出演作品]
1991年 クリッター3
1992年 ボディヒート
1993年 ボーイズ・ライフ/ギルバート・グレイプ
1995年 百一夜/クイック&デッド/バスケットボール・ダイアリーズ/太陽と月に背いて
1996年 ロミオ+ジュリエット/マイ・ルーム
1997年 タイタニック
1998年 仮面の男/セレブリティ
2000年 ザ・ビーチ/あのころ僕らは
2002年 ギャング・オブ・ニューヨーク/キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
2004年 アビエイター
2006年 ディパーテッド/ブラッド・ダイヤモンド
2008年 ワールド・オブ・ライズ/レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで
2010年 シャッター アイランド/インセプション
2011年 J・エドガー
2012年 ジャンゴ 繋がれざる者
2013年 華麗なるギャツビー/ウルフ・オブ・ウォールストリート
2016年 レヴェナント: 蘇えりし者

[製作/製作総指揮]
2004年 リチャード・ニクソン暗殺を企てた男(製作総指揮)/アビエイター(製作総指揮)
2007年 The 11th Hour(製作)/Gardener of Eden(製作)
2008年 Greensburg(製作)
2009年 エスター(製作)
2011年 赤ずきん/スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜(製作総指揮)




★外部関連記事★

琥珀色の戯言/[映画]ウルフ・オブ・ウォールストリート ☆☆☆☆
家柄もカネもコネも持たない無名の男が証券取引の世界で、かなりダークな手段を使って成り上がり、酒池肉林の世界にひたりまくる、という話なのですが、まあなんというか、とにかくこの主人公・ジョーダン・ベルフォートがやることなすことムチャクチャなんですよ。社員たちを鼓舞し、会社への忠誠心を抱かせる「F○○K」連発のスピーチ、会議はいつもドラッグをキメて、ラリった状態で、など、もうほんと、あまりに凄まじすぎて、笑いをこらえることができませんでした。これが「実在の株式ブローカーの回想録を元にした物語」だというのだから!


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
252位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
22位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

・歴史上の人物の選択から自分の人生を考え直す

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング