アクセスランキング
2014-06-27(Fri)

マリー・アントワネットの首飾り/ヴェルサイユの女たち その1 ジャンヌ

2001年 アメリカ
マリー・アントワネットの首飾りフランス革命勃発のおよそ3年前、ヴェルサイユ官邸を揺るがした、「首飾り事件」。その首謀者である「ジャンヌ・ド・ラ・モット伯爵夫人」(ジャンヌ・ド・ヴァロワ=サン=レミ)の物語です。ジャンヌは、フランスの旧王家ヴァロア家の末裔。 彼女が9歳の時、民衆寄りの政治活動をしていた父親は、国家反逆罪で逮捕、殺害される。領地も没収され、フランス王室はヴァロア家の断絶を発表した。 母親も後を追うように亡くなると、ジャンヌは孤児となる。 しかし数年後、彼女はド・ラ・モット・ヴァロア伯爵夫人と名乗り、ヴェルサイユ宮殿にいた。

[あらすじ]
物語の語り手は王室に仕えていたブルトゥイユ男爵。 当時多くの貴族達が、アントワネットの寵愛の恩恵にあずかろうと暗躍していた。ブルトゥイユ男爵からみればジャンヌもその一人であった。彼女の願いはヴァロア家の再興であり、奪われた家名と没収された領地を取り戻すこと。彼女はアントワネットに嘆願をするべく策を練っていたが、何度謁見を申し出ても叶わなかった。そんな時、彼女に接近してきたのが貴族のレトー・ド・ヴィレットだった。彼の母は既に亡くなっているが、その母はかつて官邸内の高級娼婦であり、彼もまた同様に年上の貴婦人達の相手をしている情夫だった。こんな境遇の二人は程なく愛人関係となり、レトーは、ジャンヌの望みを叶えるために協力していく事になる。
ジャンヌの夫ニコルは爵位が必要だったジャンヌと、形だけの結婚をしていた。彼は他の女性のところに入りびたりであったが、レトーが流した「ジャンヌがアントワネットの寵愛を受けている」という嘘の噂を聞きつけると、その恩恵を期待しジャンヌのところに戻ってきた。 こうして、二人の計画を知る事となったニコルも、ジャンヌに加担していく。


05_20140624204432ac5.jpg

アントワネットとの謁見も叶わず、嘆願も却下され、道を絶たれたジャンヌはレトーと共に金を騙し取ることを計画していた。そこで狙いをつけたのがロアン枢機卿である。ロアンは高貴な生まれで聖職者でありながらも品行が悪く、アントワネットの母、オーストリア女帝マリア・テレジアから嫌われていた。それを知る王妃アントワネットからも毛嫌いされていた。しかし、ロアンのほうは、王妃に取り入って宰相に出世する事を望んでいた。そこに目をつけたジャンヌは、レトーに「和解の為の王妃のニセの手紙」を書かせ、ロアンに届けた。以降、ジャンヌを通し、偽の王妃の手紙でロアンとの文通は続けられた。さらに当時、ロアンを操っていたイタリア人のペテン師ジョゼッペ・バルサモ (カリオストロ伯爵)を引き込み、王妃の名を騙りロアンから金銭を騙し取っていた。

05_201406242120551c1.jpg

そんなジャンヌのもとに王妃と親しくしているという(嘘の)噂を聞きつけた王室御用達の宝石商がやってくる。ある高額な首飾りをマリー・アントワネットに購入して貰うべく、その仲介をしてくれないかというものだった。この首飾りは、かつてルイ15世が公式寵妃であったデュ・バリー伯爵夫人の為に注文して作らせたものであったが、タイミング悪く国王が死去し、その後デュ・バリー夫人が宮廷から追放。契約は立ち消えとなり、首飾りは宝石商の手元に残されてしまった。その後、買い手が付かず宝石商は困り果て、これを王妃に買い取って貰おうと何度も足を運んだが、アントワネットは首飾りの作られたいきさつを知っている上、膨大な額に購入を拒んでいた。ジャンヌは、王妃との間を取り持つと宝石商を喜ばせる。無論、王妃と面識さえないジャンヌが取り持つはずなどありません。狙いはこの首飾りをまんまと手にいれることなのです。

05_2014062608494025c.jpg

ジャンヌは、アントワネットが「首飾りの代理購入」をロアン枢機卿に要望していると持ちかけ、王妃の替え玉に下町で芸人をしている女を使い、ロアン枢機卿と密会させた。こうして彼は、本物のマリーアントワネットと疑うことなく、首飾りを代理購入しジャンヌに渡してしまう。そして彼女は騙し取った首飾りを解体し、ニコラに売りさばかせ、巨額な金を手に入れた。こうして、ジャンヌは、かつての屋敷を買い戻す。

hanachanono-img450x600-1395123938oxszqn66813_20140626093357f17.jpg

騙したことが、ロアンにばれる事は時間の問題。その後のシナリオも描いていたジャンヌ。彼女の手元にあるロアンの王妃に宛てた手紙を切り札にする事で、首飾り事件はロアンが揉み消し、事件は闇に葬られるはずであった。ジャンヌは、王室もスキャンダルを避けるであろうと予想していたが、激怒した王妃はルイ16世やブルトゥイユの反対を押し切り裁判に持ち込むことを要求。彼女の思惑は覆された。犯罪は白日のうちに晒され、ロアンとカリオストロ伯爵は捕まり夫のニコルは逃亡。レトーはジャンヌに共に逃亡しようと説得したが、彼女はそれを拒んだ。レトーが発ったあと、ジャンヌは、逮捕され裁判が始まる。しかし、レトーは逃げ切ることができず捕まり、自白させられていた。

hanachanono-img450x600-1395123938oxszqn66813_20140626103027064.jpg
ロアン枢機卿を陥れたいアントワネットは、ジャンヌの前に初めて現れた。

数々の証拠があがり、判決が下る。夫ニコラは既に国外に逃亡していたが無罪、騙されていただけのロアン枢機卿も無罪。カリオストロ伯爵、証拠不十分で無罪、レトーは財産を没収され国外追放。そして、ジャンヌは鞭打ち、体に焼き鏝、生涯牢獄に監禁という刑が下された。国内では、ジャンヌに同情する声が高まり、王室に対する民衆の不満を助長させ、アントワネットの醜聞はさらに拡散した。
やがて、この事件は、後にフランス革命勃発の要因のひとつとなる。

僅か2年後ジャンヌは監獄から逃亡しイギリスのロンドンいた。彼女は「回想録」を出版。一時、人々からの注目を集める。しかしフランス革命下の1791年、滞在中のホテルの窓から転落し死亡。「精神を病み」と記録された。そして王党派の報復ではないかという噂が流れた。

[あとがき]
史実とは少し異なった、悪女的要素を省いたジャンヌの物語です。結構予算をかけているようで、宮廷撮影も多く、視覚を楽しませてくれます。朗らか顔のレトー演じたサイモンが役柄ピッタリでした。彼の衣装がとてもセンスの良いものを使っていて、中でも白い上着で襟がストライブの素敵な一着があるのですが、男性用でこんなにお洒落さんな衣装ってあまり見ないので、ちょっと感動。それから、夫のニコラを演じたエイドリアンは、剣さばきと身のこなしが綺麗でした。(もっと見たかった・ー)でも、この役柄での、ぬったり顔がちょっと気持ち悪かった・・(オスカー俳優ですが)。そして作品中、特に目立ったのは「帽子」でした。様々なデザインのものを多くの出演者に着用させていてとても華やかです。製作者の拘りでしょうか。帽子のショーみたいですww。

マリー・アントワネットの首飾り [DVD]


[監督]
チャールズ・シャイア
[出演]
ジャンヌ・ド・ラ・モット・ヴァロア   ヒラリー・スワンク
レトー・ド・ヴィレット          サイモン・ベイカー
ニコラ・ド・ラ・モット伯爵        エイドリアン・ブロディ
ロアン枢機卿             ジョナサン・プライス
司法大臣ブルトゥイユ男爵      ブライアン・コックス
マリー・アントワネット         ジョエリー・リチャードソン
カリオストロ伯爵            クリストファー・ウォーケン
ルイ16世                サイモン・シャクルトン




[ジャンヌ・ド・ラ・モット伯爵夫人/ジャンヌ・ド・ヴァロワ=サン=レミ]

05_20140627142807b58.jpgアンリ2世の愛妾の1人ニコル・ド・サヴィニーとの認知されなかった庶子、アンリ・ド・サン=レミの子孫である。アンリ2世自身はニコルの産んだ息子が本当に自分の子かどうか疑わしく思っており、正式に認知することは無かった。しかし、アンリ2世の死後、ニコルは死ぬ1月前の遺書において、アンリ・ド・サン=レミを王の落胤として扱ってほしいと書き残した。1558年のアンリ2世との約束に基づき、ニコルは1577年2月にアンリ3世王からアンリ・ド・サン=レミの結婚のための持参金として3万エキュを受け取り、結婚後「サン=レミ伯爵位」を授けられたという。ジャンヌ・ド・ヴァロワはその6代目にあたる。

ジャンヌは9歳で両親を失い孤児となった。少女時代に物乞いをしていたところを、ある侯爵夫人に引き取られて、教養を身につけるためと、修道院の寄宿女学校に入学させられたが、22歳の時に修道女になる事を嫌い逃亡。無一文の生活をしていたところ、憲兵将校のマルク・アントワーヌ・ニコラ・ド・ラ・モットと知り合い結婚する。後に、ド・ロアン枢機卿の愛人になった。これにより、夫ニコラは王弟竜騎兵付大尉に昇進。ニコラは伯爵を名乗っていたが、本当に貴族であったかどうかは疑わしいとされている。こうしてジャンヌも、「ド・ラ・モット・ヴァロア伯爵夫人」と名乗った。作品中では、マリーアントワネットの替え玉は「町芸人」であるが、実際は、娼婦をしていた「マリー」という女性である。首飾りを手に入れた後、かつての邸宅を買い戻したのではなく、実際は他の豪邸を購入している。また、首飾りは、ロアンが代理で購入したのではなく、宝石商に王室が分割にて支払うという契約であるとして、ジャンヌを信用したロアンはネックレスの引渡し時に「頭金の支払い」をした。

002_20151022174749187.jpgその後、代金が王室から支払われないことで宝石商が、王妃の側近に面会した事から事件が公となる。ジャンヌは逮捕後、事件とは無関係であった(詐欺師)カリオストロ伯爵を事件の首謀者として告発し罪をなすり付けようとした。この裁判によって、ジャンヌは王妃とレズビアン関係にあると事実無根の噂が国内で広まった。ジャンヌの独房からの逃亡に手を貸したのは、王位を狙う国王ルイ16世の従兄オルレアン公爵ではないかと伝えられている。ロンドンに移ったジャンヌは、この虚偽の醜聞をもとに事実無根の内容の「回想録」を出版。「首飾り事件」のあらましや、王妃との同性愛関係を書き、王妃の名誉を著しく傷つけた。

1791年、ジャンヌは窓から転落し死亡。精神錯乱の発作と記録に残るが、強盗に襲われたとも、党派の報復であったのではないかとも噂された。マリー・アントワネットの処刑の2年前で、ジャンヌは35歳だった。彼女は後のアントワネットの運命を知らずに、王妃より先にこの世を去りました。ジャゴバンクラブでは、ジャンヌを革命裁判所に呼び寄せ、再び首飾り事件の審議をする動きがあったが、彼女が急死したため、それはなされることはなかった。

様々な憶測が浮かぶ事件です。オルレアン公爵がジャンヌをロンドンに逃亡させるかわりに、嘘の「回想録」を書くことを条件としたのではないかとか、首飾り事件の再審議が浮上したため殺されたのではないかとか、多くの人間を手玉に取った彼女が精神錯乱を起こすような柔な肝っ魂の持ち主か?等々。真相は永遠に謎です。
160万リーブル/金塊1t程度に相当、
現代日本円の感覚ではおよそ30億円



◆内部関連記事◆

史実に近いアントワネットの映画→王妃マリー・アントワネット


★外部関連記事★

ベルばらKidsぷらざ/ジャンヌの足跡をたどる―首飾り事件紀行
民衆の関心が高かった裁判だから、刑の執行も混乱を避けるために早朝にしたらしいんだけど・・・それでも見物人でごった返してたんだそうだ。原作に描かれていた刑の執行シーン、すごかったわね。ジャンヌが大暴れで。史実でも似たようなものだったらしいけど。史実でも、「ずるがしこくて、大胆で・・・そしてすばらしくたくましい・・・!!」女性なのね。

スポンサーサイト
2014-06-20(Fri)

シーズン2のキャンセルにファンがNBCに請願/ジョナサン・リースマイヤーズ

先月中旬、ジョナサン出演のNBCTVドラマ『ドラキュラ』のシーズン2が決まっていたはずと思っていたら、キャンセルになっていた。あらら・・こんなことになっていたなんて。何故決定していたのを取り消したのか?ファンたちはNBCに申立するため署名を集めていました。・・で、署名を呼びかけているページがこちら→Continue Producing NBC Dracula→私も早速署名しました。
他にも署名を集めるホームページがありましたが、発信者がわからないのでパス。ジョナサンのファンサイトのほうを確認したら、(Dracula canceled!・・まぁ・・さみしそうなお顔のジョナサン画像が・・)こちらは、署名を募るようなものはなく、終了するドラマの世論調査のようなもののリンクが張ってありました。(You can vote now on this poll ・・あなたは今投票することができます)→イギリスでは、こんなのがあるんですね。終了するドラマの一覧から終わって欲しくないものを選択する。→「Poll: Which canceled shows will you miss the most?」「Dracula」ドラキュラに一票♪。それにしても、何故決まっていたのにキャンセルになってしまったのでしょう。少なくともジョナサンの身辺の問題ではないはず。。慈善活動も始めたし、身綺麗だし・・・・。裏番組の競合のようなことが書かれている感じも・・。英語がわからないので正確なことは判りません。それと、イギリスでは番組が終了すると、「署名運動」が始まるなんて事はよくあることなのでしょうか?。
ドラマの内容もわからないけど、遠い日本からも応援です。
(余談ですが、署名を募っていた、この「Change.org」というシステム、他にも様々なことに応用できそうです。)

ジョナサン出演・TV映画 『Another Me』  「普通の人っぽい」役柄のジョナサンってあまりない。これは貴重!
another-me-jonathan-rhys-meyers-in-una-scena-del-film-288880.jpg
どうやら学校の先生・・?? 。  2014年6月放送(スペイン)

スリラーものらしいので、最近のこのショットも『Another Me』の時のものかも・・。
1016929_621055547969328_9015609206551175442_n.jpg







   

   休憩中~

   角度の違うひざに乗る
   器用なチビワンコと

   血だらけメイクで
   笑う少女達


   ・・手前の
   デカワンコの尻が
   気になる。












◆内部関連記事◆

ジョナサン・リースマイヤーズ Jonathan Rhys-Meyers プロフィール


★外部関連記事★

らぶちゅーかわいい動物図鑑/犬「お風呂は嫌です」
お風呂が嫌過ぎて引きこもるワンちゃんwワンちゃんは必死なんでしょうけど、これはもう完全にコントですねww

Another Me: Rome Review
Rhys Ifans, Geraldine Chaplin, Jonathan Rhys Meyers and "Game of Thrones" starlet Sophie Turner star in Isabel Coixet's artless adaptation of Cathy MacPhail's novel.

2014-06-12(Thu)

ミス・インターナショナル世界大会 2012年グランプリ受賞者 吉松育美さん

吉松育美久々の「気になる人」です。今回はミス・インターナショナル世界大会で、日本人として史上初となるグランプリを受賞した吉松育美さんです。

受賞後の活動として、ミス・グランプリを通じたイベントは勿論の事、自身が考案したとされる「学生外交グローバルネットワーク」(日本の学校と海外の学校をネットで結んだ国際交流授業)に力を入れ、世界の子供たちのために活動しています。また、内閣府主催の「少子化タスクフォース」の委員にも選出されました。2013年に自身の事務所「IY GLOBAL」を設立し独立。書籍「Making 世界一」と写真集を出版。また、オリンピック招致アドバイザーとして、その役目を務めました。実は、私が彼女の活動が気になるようになったのは、世界大会に優勝したからではなく、今年3月末に、彼女は日本人にとって非常にデリケートな社会問題に触れ、その発言が波紋を呼んだ事が切欠でした。慎重さには欠けるとは思ったけれど、同時に優しさと勇気を持ち合わせ、広い視野で物事を捉える人という印象を受けたのです。 

そんな彼女は、先日オファーによりハリウッドデビューが決まりました。しかし、間違っても、「ただの女優」になって欲しくはない。今までしてきた事も、継続して欲しいです。同時に、 ハリウッドで成功すれば、強い影響力を持つことも事実なので、そこから更なる社会的活動を 広げるのではないでしょうか。きっと彼女の目線はこちらにあると思います。
これからも、応援しながら長く見守っていきたい方です。


余談になりますが・・
今起きていることを報道しない国内TV業界、操作されているマスコミ。過剰「ゴリ押し」で同じタレントしか出てこないCMとバラエティ番組。TVを付けて民放/ゴリ押し笑顔のUPだったりすると、途端にゲップを通り越し食べすぎで吐きそうな心境。もはや「腐敗」の二文字の言葉しか浮かんでこない。気がつけば1日中、「CS放送」しかつけていない我が家のテレビ。 ニュースや世論はインターネットでも収集。我が親戚一同は以前と違い、民放を100%は信用をしてはいない。新聞も必要なし。何故、正確な情報を提供してくれないメディアにお金払わなきゃならないのでしょう?NHKも同じ穴の狢 、社会的役割が明確ではなくスローガンや理念もなく、情報を発信せず隠蔽する。こんなことでは、NHKの存在意味などなく受信料掛かる理屈も理解できない。「民営と同じことしかできないのであれば完全な民営にするべき。」総務省が所管」など、ただのお飾りです。 あるいは、法律を改正し、国営放送にして「クリーンで正確な情報を提供すること」を目指すべきと考えます。腐ったテレビ業界に心理学者が絡めばスクリーン上から心理操作される可能性もあり、とても危険です。こんなご時勢だから間違ったことに惑わされることがないよう、自身で真実を追求する事が必要であり、芸能界や現在のTVや新聞などのメディアは異常であることを多くの方が認識しなくてはなりません。

↓「日本の民放テレビ」と「総務省所管のNHK」は真実を伝えてはくれない↓
ミス・インターナショナル吉松育美さんの「芸能界の闇」告発/日本のマスコミは黙殺→海外では続々報道される

以下は・・
海外テレビは一斉に放送し、「日本の民放」と「総務省所管のNHK」は一斉に隠蔽した、
「ミス・インターナショナル世界大会 2012年グランプリ」の置かれた状況。
011.jpg


01-2.jpg
02.jpg

03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg

Making 世界一 /吉松育美[単行本(ソフトカバー)]



★外部関連記事★

吉松育美オフィシアルブログ 2014年02月23日(日)「ストーカーZERO」もうすぐ12万突破!より
「日本は素晴らしい国なのにこんなことが起こってるなんて信じられない!」「今こそ、立ち上がるべきだJAPAN!」というような、フェミニストを始めとする大勢の方から、ポジティブなメッセージが数多く寄せられています。私も今、アメリカで多くの著名人にお会いする度、みんな私の状況を聞いてくれます。そして、信じられないくらい味方になってくれます。国境を越えても、人を思いやる心や弱者を守る心、間違えている事に対して「NO」と声を上げることは、ここアメリカでも日本のみなさんと気持ちは同じです。国境なんて本当に関係ない…今日会ったハリウッドのライターさんの娘がこんなTシャツを着ていました。< DON'T BE SILENCED ! >口を塞がれてはいけない!彼女は10代にも関わらず、女性の人権問題に関して必死に活動している子でした。


※目が覚めて思うこといろいろ/「日本を取り巻く真実」「本当の日本」を取り戻したい。多くの人に目覚めてもらうために。
吉松育美さんへ。 とても長いですがお手紙を書きました。ぜひ読んで下さい。私は昨年12月、貴ブログで、あなたがストーカー事件に巻き込まれ、またその訴えの記者会見を行なったにもかかわらず、日本の大手マスコミが全く報道せず闇に葬っていることを知りました。・・中略・・今の価値観を過去の歴史に無理やり重ね、当時の是非を判断することは非常に危険です。当時合法であったものを、現在の法に照らして考えることは、新法を遡って当てはめる「遡及法」と同じこととなってしまいます。これは絶対にやってはならないことなのです。・・中略・でも、あなたの危機的な訴えを知り、あなたが日本代表として国際友好のために頑張っていらした姿も知り、日本人として、あなたを守らなくてはならないと立ち上がり、問題をネットで拡散し目を光らせ、多くの方が署名にも応じたのです。・・・「日本人である」ということは、まず自らのアイデンティティーを確立するものです。・・そのためにも、どうか歴史をもう一度調べて下さい。あなたの影響力は、非常に大きいのです。あなたの一言で先人の歩みが一瞬にして穢されてしまうことを私は非常に恐れます。

2014-06-02(Mon)

Dr.パルナサスの鏡/願望を具現化した幻想世界と二つの選択肢

2009年 イギリス
Dr.パルナサスの鏡2008年に亡くなったヒース・レジャーの遺作品。アカデミー助演男優賞を受賞の『ダークナイト』のジョーカー役が、最後の出演作品となると考えられていたが、製作途中だったこの作品が、ヒースと親交のあった、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人の協力と、監督の発想の転換により無事に完成にこぎつけた。現実世界でのヒースレジャー演じるトニーは、編集と顔を覆うマスクで上手く仕上げ、幻想世界での彼は、その世界に入り込んだ人の「理想の姿」となって現れるというふうに変更され、ジョニーら3人が鏡の中のトニーをそれぞれ演じている。題名の「パルナサスの鏡」とは、それを通り抜けると、夢や理想や願望がリアルな幻想世界となって現れ、そして、そこに入り込んだ人間の前には、二つの選択肢が出現する。

2007年のロンドン。古い馬車を舞台にしている旅芸人一座がいた。座長のパルナサス博士と娘のヴァレンティナ、博士を支える小人のパーシーと、ヴァレンティナに想いを寄せるアントンの4人。何世紀も前、博士は悪魔ニックとの賭けに勝ったことにより不死の命を与えられていた。既に老人となっていた彼は、数十年前に一人の女性と巡り会う。恋の虜となった博士はニックと契約し若さと不死からの解放を手に入れた。そして、女性と人生を歩むことになるが、彼女は60歳で妊娠しヴァレンティナを生んで亡くなる。ニックとの契約は、娘が生まれて16歳になったら、彼に引き渡すというものだった。その日を3日後に控え、何とか策はないものかと、博士は悩んでいた。そんな時、彼らは橋の下で、首をつられた男の命を救った。記憶をなくしているこの謎の男は、一座と共に仕事をすることとなった。翌日、再び博士の前に悪魔のニックが現れ、新たな賭けをしないかと持ちかける。それは、幻想世界に入った人に「悪魔か博士の二人の仕掛けた選択肢を選ばせ」博士が、先に5人獲得したら娘を救えるというものだった。

tyanoo-img523x419-1347094963koarok81563_20140602002648ce3.jpg
一座に救われて目を覚ましたトニーは、不可解なぬいぐるみを着たアントンと奇妙な小人のもとから去ろうとしたが・・・。

一人目の客を見に鏡の中へ入ったトニーはマダムの願望の姿に?(ジョニー・デップ)
hanachanono-img450x600-1395123938oxszqn66813_20140601175048902.jpg

客の呼び込みの上手なトニーは次々に女性を鏡の中に送り込み 4人獲得。しかし、あと一人というとき、彼を追っていたマフィアに見つかり、トニーは鏡の中に逃げ込む。それを追って4人のマフィアが鏡の中に入り込んでしまう。このとき既に彼の記憶は戻っていた。

hanachanono-img450x600-1395123938oxszqn66813_20140601180052662.jpg
逃げるトニー(ジュード・ロウの巨大竹馬) トニーを助けようとする女装のアントン。しつこくて悪ふざけが過ぎる彼は、たまにいい奴。

トニーは彼らに捕まり、首を吊り下げられる直前、マフィアたちに、二つの選択肢が現れるが、残念なことに彼ら4人はまとめて悪魔にとられてしまいます。契約の事など知らない二人は現実世界に戻ると、見世物小屋も終了し、残り1時間となっていた。ヴァレンティナは父親の様子があまりにも変なので、真実を問い詰め、まもなく自分が悪魔に引き渡されることを知った。それを聞いてしまったトニーは、自分が5人目になればいいと舞台を広げる。そんな時、アントンは、たまたま新聞の記事からトニーが何者であるか知ってしまうのだった。取り乱したヴァレンティナを幻想世界に連れて行こうとするトニーと、それを止めようとするアントン。彼らは纏めて鏡の中へ入り込んでしまった。

hanachanono-img450x600-1395123938oxszqn66813_20140601184456a1c.jpg
トニー(コリン・ファレル)のラブシーン         トニーの夢は子供のための慈善事業?    必死に訴える子供のアントン

「ヴァレンティナの願望」から「トニーの願望」へ 彼の正体を知らせようとしたアントンは子供の姿になって、幻想世界で走り回りひと騒動。
トニーの化けの皮が剥がれたと思ったら、酔っ払いオヤジ(博士)出現。父親が死んだと思い込んだヴァレンティナに、二つの選択肢が現れる。悪魔ニックは絶対に間違えることのない、2つの扉(彼用or彼女用)を用意したが、彼女はあえて間違いの扉に飛び込んでしまう。
ニックが呟く。「なんてこったい、オレが勝っちまった!」  そして、途方に暮れる博士のもとに悪魔ニックは再び現れ、ある提案をする。

hanachanono-img450x600-1395123938oxszqn66813_20140601234345d3e.jpg
何時も傍にいて、何度でもチャンスを与える悪魔ニックは、実は、とてつもなく博士が好きらしい??


お三方、有難う!の映画ですね。ヒース・レジャーの娘さんが当時2歳で、3人はギャラ全額を彼女に贈ったという美談は有名ですが、それと同時に、この作品を遺作としたことが、なんだか心暖かい感じがします。『ダークナイト』は俳優としての評価が高くても、幼い彼女にとってはこちらのほうがいいでしょう。独特の映像とその変移の仕方も面白い。アートディレクターと監督の特異な個性を感じる作品です。

Dr.パルナサスの鏡 [DVD]

[監督]
テリー・ギリアム
[出演]
トニー・シェパード     ヒース・レジャー (睡眠薬とインフルエンザ薬の併用による事故死/2008年1月享年28歳)
鏡の向こうのトニー#1 ジョニー・デップ
鏡の向こうのトニー#2 ジュード・ロウ
鏡の向こうのトニー#3 コリン・ファレル
パルナサス博士     クリストファー・プラマー
悪魔 Mr.ニック     トム・ウェイツ
ヴァレンティナ       リリー・コール
アントン          アンドリュー・ガーフィールド
パーシー         ヴァーン・J・トロイヤー




★外部関連記事★

映画感想 * FRAGILE/Dr.パルナサスの鏡
ロシア人が鏡の中に入って英語話し出して「ボス! 英語しゃべってます!」っていうところ笑ったなあ。あと、おじいちゃんが「重要なことは3つあって、1つは何々で、あとの2つは忘れた」っていう、ああ、わたし一発ギャグ的なの好きなんだねw
ヒース・レジャーの件に関しては、あーこういう作り方ならキャストが入れ替わっても納得だわ、と思いました。ジュード・ロウのトニーが一番かっこよかったな…。

ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
21位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

・歴史上の人物の選択から自分の人生を考え直す

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング