アクセスランキング
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-01-26(Tue)

ジャック・ブラック Jack Black プロフィール

Jack Blackアメリカの俳優、ロック歌手。1969年8月28日(2016年現在/46歳)

カリフォルニア州で両親とも衛星システムエンジニアをしている家庭で生まれる。10歳の時に両親は離婚。13歳でTVCMに出演。15歳の時に、The Fall Guy(TVシリーズ)に出演している。その後、地元のカリフォリニア大学ロサンゼルス校に進学。在学中にティム・ロビンスの劇団の一座のメンバーとなり、1991年TV映画『『Our Shining Moment』に出演。1992年には、ティム・ロビンスの監督で制作された『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄』で映画デビューを果たす。この後、TVシリーズやTV映画の出演を多数こなしている。同時期に大学を中退。1993年には2本の映画に出演。翌1994年には俳優カイル・ガスとコメディ・バンド「テネイシャス D」を結成する。飛躍的なロックパフォーマンスとジョークが受け、「テネイシャス D」(TVシリーズ)が制作された。番組の放送が始まると、人気が一気に爆発。テレビ番組への出演が続いたという。アルバム2枚とライヴDVDもリリースしている。音楽だけではなく、同時に俳優業のほうも飛躍を遂げる。2001年公開の『愛しのローズマリー』では初主演を果たし、2003年公開で同じく主演の『スクール・オブ・ロック』では全米で初登場1位を記録する大ヒットとなった。現在も、重要な助演や主役格で活躍中。独自の持ち味で確固たる地位を築いた俳優です。

私生活では、2006年3月14日にチェリストのターニャ・ヘイデンと結婚。現在2人の子供がいる。





  「もしも痩せればイケメン」第一位の俳優、と思っていましたが。

  おなじみのジョージ・クルーニと一緒に
  ネスカフェのCMに出演しています。

  まーっ ジャーックが出てるわー。と思って見てたら、

  まーぁ 一段と大きくなっちゃって。



[出演作品]

1992年 ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄
1993年 デモリションマン
1994年 ブラインド・ジャスティス/ネバーエンディング・ストーリー3
1995年 バイバイ・ラブ/ウォーターワールド/デッドマン・ウォーキング
1996年 クロス・エレメント/バイオドーム/ケーブル・ガイ/ ザ・ファン/マーズ・アタック!
1997年 ジャッカル/モンタージュ証拠死体
1998年 ラストサマー2/エネミー・オブ・アメリカ
1999年 クレイドル・ウィル・ロック/ラブレター誰かが私に恋してる?
2000年 ハイ・フィデリティ
2001年 マテリアル・ウーマン/愛しのローズマリ
2002年 オレンジカウンティ/アイス・エイジ
2003年 スクール・オブ・ロック
2004年 隣のリッチマン/俺たちニュースキャスター/シャーク・テイル
2005年 キング・コング
2006年 ナチョ・リブレ 覆面の神様/テネイシャスD 運命のピックをさがせ!/ホリデイ
2007年 マーゴット・ウェディング/ウォーク・ハード ロックへの階段
2008年 僕らのミライへ逆回転/トロピック・サンダー史上最低の作戦
2009年 紀元1年が、こんなんだったら!?
2010年 ガリバー旅行記
2011年 ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して/ザ・マペッツ/バーニーみんなが愛した殺人者
2014年 SEXテープ
2015年 グースバンプス




★外部関連記事★

洋楽メモランダム@イジール/スクール・オブ・ロックのジャック・ブラックは真のロック信者である!
映画では実際に有名アーティストの曲を全部演奏するわけではないのですが、時々BGMで流されるロックナンバーや、主演のブラックの口からひんぱんに出てくるフレーズが、古き良きロックファンのハートを鷲掴みにするのです。ストーリーはシンプルな青春ロックドラマ。しかし主演のブラックがキレてていい!ロック中毒の30男を熱く熱く演じてくれてます。自身もバンド組んでいるせいか、これまた声もすごくいいのです。


スポンサーサイト
2015-10-10(Sat)

[俳優紹介]クリストファー・ウォーケン Christopher Walken

Christopher Walkenアメリカ、ニューヨーク出身の俳優。1943年3月31日生まれ(2015年現在/72歳)
ベーカリーを経営していた家庭の、3人兄弟の次男として生まれる。

母親がショービジネスに積極的であったため、生後14カ月頃から子どもモデルとして活躍していた。その後も、兄弟とテレビ番組などに子役としてTVに出演していた。演技やダンスのキャリアを積み、10歳になる頃にはTVドラマシリーズやラジオ番組に頻繁に出演していた。16歳になるとTVの出演を継続しながら、ブロード・ウェイデビューも果たす。その後、大学に進学はしたが、俳優業に専念すると決めて、途中で退学している。当初の俳優名は「ロニー・ウォーケン」であったが、65年に現在の俳優名「クリストファー・ウォーケン」に改名。この頃までに演劇の舞台では、いくつかの賞を受賞している。1969年の『Barefoot in Athens』で映画デビューを果たし、1970年代は、おおよそ年に1本の映画やTV映画に出演をしている。1978年の『ディア・ハンター』で、アカデミー助演男優賞を受賞。2002年の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』ではオスカー候補になり、再び脚光を浴びます。この時には、アカデミー男優賞の受賞は逃しましたが、同作品で、英国アカデミー賞での助演男優賞を受賞しました。ダンスが上手く、多くの作品で踊っているシーンが撮られています。出演作の数は、日本のwikiに出ているもので、映画とTV映画でだけでも約80作品超え。日本未公開作品を合わせると、120作品を超えています。物心つく前から、今の年齢になるまで、とても健康で、おそらく、たった1年の休暇もとらずに、活躍を続けて今日に至っているようです。まさに生まれついての俳優人生という言葉がぴったりな男優です。私生活では、1969年にディレクターと結婚しているが子供はいません。


健康の秘訣は「ダンス」かも?
02rink_201510220103376e5.jpg
ダンスいろいろ・・                                可愛い頃と、凛々しい頃と

★受賞★
1979年『ディア・ハンター』 アカデミー賞 助演男優賞
2003年『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』英国アカデミー賞 助演男優賞

[出演作品]
1971年 ショーン・コネリー盗聴作戦
1972年 クリストファー・ウォーケンのマインド・スナッチャー 狂気の人体実験
1976年 グリニッチ・ビレッジの青春
1977年 センチネル/アニー・ホール/ローズランド
1978年 アステカの秘宝/ディア・ハンター
1980年 天国の門/戦争の犬たち
1981年 ペニーズ・フロム・ヘブン
1982年 アクターズ・ラブ 舞台は恋のキューピッド
1983年 ブレインストーム/デッドゾーン
1985年 007 美しき獲物たち
1986年 ロンリー・ブラッド
1987年 ウォーゾーン/虐殺報道
1988年 ミラグロ奇跡の地/ブルースが聞こえる/ホームボーイ
1989年 コミュニオン遭遇
1990年 キング・オブ・ニューヨーク/迷宮のヴェニス
1991年 潮風のサラ(TV映画)/マクベイン
1992年 ミッドナイトチェイサー/ミストレス/バットマン リターンズ/流血の絆
1993年 続・潮風のサラ(TV映画)/トゥルー・ロマンス/ウェインズ・ワールド2
1994年 恋の選択/パルプ・フィクション
1995年 アディクション/ゴッド・アーミー悪の天使/ワイルド・サイド/サーチ&デストロイ/デンバーに死す時/ニック・オブ・タイム
1996年 バスキア/フューネラル/ラストマン・スタンディング
1997年 Touch タッチ/エクセス・バゲッジ/シュガーな気持ち/ラスト・キングス/マウス・ハント
1998年 ゴッド・アーミー復讐の天使/天井桟敷のみだらな人々
1999年 タイムトラベラーきのうから来た恋人/シシリアン虐殺の地(TV映画)/スリーピー・ホロウ/潮風のサラ 冬の終わり(TV映画)
2000年 ゴッド・アーミー 聖戦/デッド・レイン
2001年 アメリカン・スウィートハート/マリー・アントワネットの首飾り
2002年 カントリー・ベアーズ/キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン/ジュリアス・シーザー(TV映画)
2003年 カンガルー・ジャック/ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン
2004年 マイ・ボディガード/隣のリッチマン/ステップフォード・ワイフ/ラスト・マップ 真実を探して
2005年 ウェディング・クラッシャーズ/ドミノ
2006年 もしも昨日が選べたら/ロビン・ウィリアムズのもしも私が大統領だったら…
2007年 ヘアスプレー/燃えよ!ピンポン
2009年 ザ・バッド
2011年 キル・ザ・ギャング 36回の爆破でも死ななかった男/ダークホース 〜リア獣エイブの恋〜
2012年 25年目の弦楽四重奏/ミッドナイト・ガイズ/セブン・サイコパス
2013年 パニッシュメント
2014年 ジャージー・ボーイズ




★外部関連記事★

おじいちゃん映画 - 映画に出てくるおじいちゃんが好き/マフィアのおじいちゃんは義理堅い」
『まじかー』って顔もかわいい。『お前ら小学生か、外でやれ』って言うのもいいよねー。怒るんじゃないの、叱るの。怒るのと叱るのは違うの。そしてラスト、ミュージカルシーンでね、ちらっとだけウォーケンが踊るところがあるのよ~。あのステップたまらない。ウォーケンが踊れる人だから最初にキャスティングされたのかなあ?



2015-08-11(Tue)

クリストファー・プラマー Christopher Plummer プロフィール

Christopher Plummerカナダの俳優、1929年12月13日生まれ(2015年現在/85歳)

トロント出身。当初はピアニストになるために勉強していたが俳優に転向。カナダで舞台俳優として活躍していた。その後、アメリカに拠点を移し1953年にブロードウェイ・デビューを果たした。数年後にはトニー賞にノミネートされている。1958年には助演で映画デビューすると、次の出演作の、『エヴァグレイズを渡る風』で主役に抜擢される。以降、映画での出演が続く。1960年代になると、今度はロンドンに拠点を移し、映画俳優として活躍を続けた。1964年には『ローマ帝国の滅亡』での助演を、さらにその翌年には、『サウンド・オブ・ミュージック』のフォン・トラップ大佐役で知名度が上がり、その後も『空軍大戦略』、『サイレント・パートナー』『スタートレックVI 未知の世界』での出演でも知られるようになった。1973年になると再び、ブロードウェイに戻り、『シラノ』で主演を務め、トニー賞 ミュージカル主演男優賞を受賞している。その後も、テレビ・映画・舞台・ラジオと幅広く活躍し、出演作品も、歴史ドラマやからサスペンス、ファンタジー、サイコスリラーなど極めて幅広い。TVミニシリーズやTV]映画にも多く出演している。1990年代以降から、『マルコムX』『12モンキーズ』『ビューティフル・マインド』など有名な作品の出演が続く。さらに2000年以降になると、一流の製作チームで一流の俳優陣を起用する作品への出演が続いている。近年では『Dr.パルナサスの鏡』『人生はビギナーズ』『ドラゴン・タトゥーの女』などが記憶に新しい。2011年の『人生はビギナーズ』では、アカデミー賞助演男優賞を受賞、念願のオスカー俳優となった。
82歳という年齢での演技部門の受賞は、2015年現在で過去最高齢である。


私生活では、1956年に舞台女優のタミー・グライムズと結婚し、1960年に離婚。彼女との間の娘のアマンダ・プラマーは女優となっている。1962年にジャーナリストの女性と結婚するが1967年に離婚。1970年に女優エレイン・テイラーと結婚し、現在も妻とシンシナティに住んでいる。尚、クリストファー・プラマーは第3代カナダ首相のジョン・アボットの曾孫にあたるという。 

02_20150811014223c2a.jpg
フォン・トラップ大佐役 何度見ても、素敵♪    『ワーテルロー』のウェリントン公(40歳位の時)  『スタートレックVI』のチャン将軍(60歳位)

63f1f2728a783ea94f5ff8311c57977f_20150811021324844.jpg
『ニュー・ワールド』で船長役       『Dr.パルナサスの鏡』の酔っ払い博士   ステージでは涙をこらえました。 映画俳優でデビューした頃   


★受賞★
2011年『人生はビギナーズ』 アカデミー賞助演男優賞/英国アカデミー賞助演男優賞/ゴールデングローブ賞助演男優賞
1977年『マネー・チェンジャース/銀行王国』 エミー賞主演男優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門)

[出演作品]
1958年 女優志願/エヴァグレイズを渡る風
1964年 ローマ帝国の滅亡
1965年 サウンド・オブ・ミュージック/サンセット物語
1966年 トリプルクロス
1967年 将軍たちの夜
1968年 群衆の中の殺し屋
1969年 空軍大戦略/ピサロ将
1970年 ワーテルロー
1973年 マインドコントロール殺人 ザ・ピクス
1974年 らせん階段
1975年 ピンク・パンサー2/軍旗の陰影/王になろうとした男
1976年 スカイエース/マネー・チェンジャース銀行王国(TVミニシリーズ)
1977年 将軍暗殺/殺しに愛のバラードを
1978年 インターナショナル・ベルベット緑園の天使/サイレント・パートナー/スタークラッシュ
1979年 名探偵ホームズ・黒馬車の影/ハノーバー・ストリート哀愁の街かど
1980年 ポール・ニューマン遠い追憶の日々(TV映画)/ある日どこかで
1981年 サーカス天国/目撃者/ダイヤルMを廻せ!(TV映画)/ザ・アマチュア
1982年 バラ色の報酬1000万ドルを追え!/赤と黒の十字架(TV映画)
1983年 メカノイド2VR(TV映画)
1984年 ドーバー海峡殺人事件/ドリームスケープ
1986年 ボーイ・イン・ブルー/ブロンドはお好き
1987年 ニューヨーク恋物語/ドラグネット 正義一直線
1988年 バンパイア・イン・ベニス/SHADOW DANCINGシャドー・ダンシング/レクイエム
1989年 頭脳警察
1990年 女神たちの季節/レッド・ブラッド・ガール/ファイヤーヘッド
1991年 スタートレックVI 未知の世界/煉獄の中で(TV映画)
1992年 ダニエル・スティール 容疑者(TV映画)/マルコムX
1993年 鏡の中の他人(TV映画)
1994年 ウルフ/ハードジャッカー/標高10,000フィートの死闘!
1995年 黙秘/12モンキーズ
1998年 ザ・ジャーナリスト(TV映画)
1999年 ミッドナイト・スクリーム/ダブル・クライム/インサイダー
2000年 ニュルンベルク軍事裁判(TVミニシリーズ)/エクソシスト/トゥルー・ストーリー(TV映画)/ドラキュリア
2001年 ラッキー・ブレイク/ビューティフル・マインド
2002年 アララトの聖母/ディケンズのニコラス・ニックルビー
2003年 トナカイのブリザード/コールド・クリーク 過去を持つ家
2004年 ナショナル・トレジャー/アレキサンダー
2005年 理想の恋人.com/シリアナ/ニュー・ワールド
2006年 インサイド・マン/イルマーレ
2007年 あの日の指輪を待つきみへ/リベンジ 極限制裁
2008年 パンデミック 20XX年人類消滅(TVミニシリーズ)
2009年 カールじいさんの空飛ぶ家/Dr.パルナサスの鏡/終着駅 トルストイ最後の旅
2010年 人生はビギナーズ
2011年 プリースト/ドラゴン・タトゥーの女
2014年 しあわせはどこにある/トレヴィの泉で二度目の恋を




★外部関連記事★

82歳で初受賞のクリストファー・プラマー、最高齢記録も更新 アカデミー賞
授賞式でプラマーは手にしたオスカー像に向かって「君は僕よりもふたつ年上なだけなのに、これまでの人生の間、いったいどこにいたんだい?」と話しかけ、自分は生まれた時から受賞スピーチの練習をしていたのに・・・とジョークを述べた。最近のインタビューでは「ずっと仕事をしていたい。年を重ねるほど、働き続けることが以前よりも3倍、魅力的に映る。自分が老いているということを思い出さずにすむからね」同世代の俳優たちの多くが引退を考える年にして、活躍の場を狭める気配はまったくない。



2015-07-14(Tue)

フォレスト・ウィテカー Forest Whitaker プロフィール

フォレスト・ウィテカー アメリカの俳優。映画監督、ディレクター。1961年7月15日生まれ(2015年現在54歳)

ロサンゼルスで育ち、学生時代には、フットボールの奨学金を得てカリフォルニア州内の大学に進学したが、背中の怪我の為フットボールを断念。次に目指したのが演劇だった。1980年に名門、南カリフォルニア大学の演劇学部に編入。ここで、演劇とオペラを学ぶ。2年後の1982年、短編映画「初体験/リッジモント・ハイ」でデビューを果し、翌年からは、数本のTVドラマに出演。1986年には、再び映画『プラトーン』と『ハスラー2』に出演。その後は、TVドラマの出演と並行して、主にハリウッドで活躍を続けてきた。1988年の『バード』では、カンヌ国際映画祭男優賞を受賞。1990年代になると、監督や、脚本なども手がけて成功している。2006年、『ラストキング・オブ・スコットランド』では、第79回アカデミー賞、ゴールデングローブ賞を初め、各映画賞で主演男優賞をほぼ独占するという大躍進を遂げる。この時点でアフリカ系アメリカ人の俳優のオスカーの受賞は、「シドニー ポワチエ」「デンゼル ワシントン」「ハル ベリー」についで4人目となった。その他の出演作、『クライング・ゲーム』、『グッドモーニング, ベトナム』『バンテージ・ポイント』や、最近では主演した『大統領の執事の涙』なども印象深い。どんな役でも、強い存在感を残す実力派です。

私生活では、女優のケーシャ・ナッシュと1996年に結婚し、ふたりの子供がいる。その他、2011年から、ユネスコ親善大使として就任、現在も活動を続けています。

左目のまぶたが年々、垂れてきている事に気づいている方も多いと思います。これは、「眼瞼下垂症」という先天的な病気だそうです。そのままでも、独自の表情の味わいがあって、いいと思うのですが、筋肉や神経の不全などが 原因で上まぶたが開きにくいそうで、不便なのか、ご本人は最近では手術を受けることを考えているようです。もしかしたら、近いうちにスッキリまぶたで、スクリーンに登場されるかもしれません。

1-119_20150714021314a94.jpg
まだ20代前半 『プラトーン』                 『バンテージ・ポイント』これは面白かったです。   独裁者『アミン』役で賞を総なめ

★受賞★
1988年『バード』カンヌ国際映画祭 第41回 [主演男優賞]
2007年『ラスト・キング・オブ・スコットランド』第79回アカデミー賞[主演男優賞]
2007年『ラストキング・オブ・スコットランド 』第64回ゴールデングローブ賞 [主演男優賞受賞]

[出演作品]
1982年 初体験/リッジモント・ハイ
1985年 ビジョン・クエスト/青春の賭け
1986年 プラトーン/ハスラー2
1987年 張り込み/グッドモーニング, ベトナム/ブラッド・スポーツ
1988年 バード
1989年 ジョニー・ハンサム/ダウンタウン
1990年 クリミナル・ジャスティス
1991年 レイジ・イン・ハーレム/錆びついた銃弾
1992年 ドク・ソルジャー/白い戦場/クライング・ゲーム/隣人
1993年 ボディ・スナッチャーズ/バンク・ラバー/ラッシュライフ/要塞監獄/プリズナー107
1994年 アメリカが沈むとき テレビ映画/ブローン・アウェイ/復讐の序曲/プレタポルテ
1995年 スモーク/スピーシーズ 種の起源/陽のあたる教室
1996年 フェノミナン/リバウンド/ボディ・カウント/ヤバい奴ら
1999年 ゴースト・ドッグ/ハイスクール・ジャック 怒りの教室/ウィットネス・プロテクション 証人保護
2000年 バトルフィールド・アース
2001年 グリーン・ドラゴン/フォース・エンジェル/パニック・ルーム/フォーン・ブース
2005年 マリー 〜もうひとりのマリア〜
2006年 レイクサイド/ラストキング・オブ・スコットランド
2007年 狼たちの報酬/グレート・ディベーター 栄光の教室
2008年 バンテージ・ポイント/ブレイキング・ポイント/フェイク シティ ある男のルール/レポゼッション・メン
2010年 マイファミリー・ウェディング/エクスペリメント
2011年 キリング・ショット
2012年 フリーランサー NY捜査線
2013年 ラストスタンド/大統領の執事の涙/リヴ・アンド・ダイ/ケープタウン/ファーナス 訣別の朝/クリスマスの贈り物/エンジェルの狂気
2015年 96時間/レクイエム


★外部関連記事★

remmikkiのブログ/映画 「ケープタウン」
「パイレーツ・オブ・カビリアン」のオーランド・ブルームと「大統領の執事の涙」のフォレスト・ウィテカーが、子ども失踪事件の捜査に奔走する刑事役を熱演したサスペンスアクション。フランスで話題を集めたクライム小説「ZULU」を、「ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀」のジェローム・サル監督、「あるいは裏切りという名の犬」のジュリアン・ラプノー脚本で映画化した。


2015-04-09(Thu)

リーヴ・シュレイバー Liev Schreiber プロフィール

Liev Schreiberアメリカ サンフランシスコ出身。俳優 、プロデューサー 、監督、脚本家。1967年10月4日生まれ(2015年現在/47歳)

舞台俳優兼監督であった父と、画家の母の元に生まれる。俳優のパブロ・シュレイバーは彼の異母兄弟であるが、両親は彼が4歳頃に離婚し、その後の父の再婚相手と子となるため接触はなかったものと思われる。両親の離婚後は母とニューヨークに移り成長した。ある程度の年齢になると単身でイギリスに渡り、ハンプシャー大学やロンドンの王立演劇学校で演技を学んだ。1992年にはイェール大学演劇大学院で修士号を取得。当時は劇作家志望であったが、教官から俳優になることを勧められたという。翌年の1993年には『In the Summer House』でブロードウェイデビューを、その翌年1994年に『ミックス・ナッツ/イブに逢えたら』で映画デビューを果す。2000年の映画『スクリーム』で話題となり、さらに2005年『僕の大事なコレクション』では監督・脚本も手がけた。映画での出演も多いが、TVドラマシリーズや、舞台俳優としても活躍しており、2005年には舞台『Glengarry Glen Ross』でトニー賞演劇助演男優賞を受賞している。大作への出演が多く、主役そのものは少ないが、主役に負けない印象を残し、安定した演技力を持ち合わせた俳優です。

私生活では、2005年から女優のナオミ・ワッツと交際しており、2人の男の子をもうけている。
10年の交際を経て、現在(2015年)、ようやく?結婚の噂がでてきているようです。


8ab034dccae44ececca2c341662cb3a1.jpg
「ニューヨークの恋人」でヒュー・ジャックマンと/「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」で猫走り/「大統領の執事の涙」で大統領、気づきませんでした。

4bd1d767fc3b88e7636d950f70d2e37a_20150414061952fea.jpg
非常に子煩悩なようで、子供の面倒を見てる写真が多く撮られています。               もう一人はどこの子ですか?



[出演作品]
1994年 ミックス・ナッツ イブに逢えたら
1995年 マッド・ラブ/パーティ・ガール/バッファロー・ガールズ(TV映画)
1996年 シェフとギャルソン、リストランテの夜/サンシャイン・ボーイズ すてきな相棒(TV映画)/身代金/スクリーム
1997年 スクリーム2
1998年 ファントム/スフィア/トワイライト 葬られた過去
1999年 オーバー・ザ・ムーン/聖なる嘘つき その名はジェイコブ/ザ・ハリケーン
2000年 ハムレット/スクリーム3
2001年 ニューヨークの恋人
2002年 トータル・フィアーズ
2003年 ヒットラー(TV映画)
2004年 クライシス・オブ・アメリカ
2005年 僕の大事なコレクション(監督・脚本)/ブルース・イン・ニューヨーク(TV映画)
2006年 オーメン
2007年 幸せになるための10のバイブル/コレラの時代の愛
2007年 ディファイアンス
2009年 ウルヴァリン: X-MEN ZERO/ウッドストックがやってくる!
2010年 レポゼッション・メン/ソルト
2012年 ミッシング・ポイント
2013年 ムービー43/ザ・ラストデイズ・オン・マーズ/大統領の執事の涙

※テレビシリーズ
2007年 CSI:科学捜査班(4エピソード)
2013年~ レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー




★外部関連記事★

映画感想 * FRAGILE/ウルヴァリン:X-MEN ZERO/ガサツな兄弟喧嘩で周りが迷惑
ウルヴァリンとセイバートゥースの様子がスピーディーに描かれまして、もうね、盛り上がるよね。がおー。ウルヴァリンはなにかというとがおーがおー吠えまくり。兄弟揃ってガサツだね。なんか最初は、戦争を経験したことにより心的外傷後ストレス障害で悩むウルヴァリンのようすが入れられる予定だったらしいんですけれども、あの戦いぶりを見ていると、喜んでやっていらっしゃるようですし、そうはならないんじゃないですか、入れなくて正解です。


2015-03-06(Fri)

イーサン・ホーク Ethan Hawke プロフィール

イーサン・ホークアメリカ合衆国出身の俳優、作家、映画監督。1970年11月6日生まれ(2015年現在/44歳)

出生当時、両親はテキサス大学の学生であったが、彼が幼少のうちに離婚し母親に育てられた。 その後、母親は再婚したが、父の仕事の関係で全国を移動しながら成長した。やがてニュージャージー州のプリンストンに定住する。イーサンは地元の高校に通った後、プリンストンキャンパスに移った。この学校の中の「マッカーサー劇団演技研究所」で学業を進めながら演技を学んだ。彼は当時は作家になることを希望していたという。しかし演技の実力が認められていたようで、1985年の『エクスプロラーズ』でオーディションにより選考されて14歳にして早々と映画デビューを果した。この映画で一緒に共演者としてデビューしたのは、今は亡きリバー・フェニックスであり、制作の間に二人は親しい友人となっている。その後、イーサンは学業に専念するため、名門、カーネギーメロン大学に入学したが、わずか数ヶ月には、ニューヨーク大学に移っている。大学では英語を専攻し卒業している。1989年「いまを生きる」で復帰。同じプリンストンキャンパスの先輩であるロビンウィリアムスと共演した。以後、俳優の道を歩みながら多彩な才能を発揮していく。

1991年には『ホワイト・ファング』で初主演を果し、1992年には、ブロードウェイ・デビューもしている。大作や名作の主役、主要助演の出演が続くが、その中でも代表作は、興行収入的には失敗であったが、良作として評価されている1997年の『ガタカ』ではないでしょうか。作家になることが夢だったイーサンは、この同じ頃、最初の小説、『痛いほどきみが好きなのに』を出版して成功を収めている。さらに、2001年の『チェルシーホテル』で監督デビューも果し、同年公開の『トレーニング・デイ』ではアカデミー助演賞にノミネートされ脚光を浴びた。近年では、2014年公開の『6才のボクが、大人になるまで。』で2度目のアカデミー助演男優賞のノミネートに上がった。彼はまた、現在は解散しているが、ロバート・ショーン・レナードと共に劇団を結成したこともある。2006年には執筆した『痛いほどきみが好きなのに』を、監督を務めて映画化を実現した。小説の執筆は現在でも続けており何作かリリースされている。

私生活では、1998年の『ガタカ』で共演したユマ・サーマンと結婚し、女児2児を授かったが、2003年イーサンの浮気により関係が悪化。翌年離婚している。(当時の浮気相手とは切れている。)4年後の2008年、子供たちの子守であった女性と再婚し、2013年までに女児2人を授かった。

111_20150306033801037.jpg
この髪のカラーも似合います。   『大いなる遺産』20代後半、この頃って童顔。          カリスマ的人気の『ガタカ』垢抜け前の主人公



[出演作品]
1985年 エクスプロラーズ
1989年 いまを生きる/晩秋
1991年 ホワイト・ファング/ミステリー・デイト
1992年 真夜中の戦場クリスマスを贈ります/秘密/リッチ・イン・ラブ
1993年 生きてこそ
1994年 カッティング・エッジ/リアリティ・バイツ/ホワイトファング2伝説の白い牙/ジャック・コンロイ/クイズ・ショウ
1995年 恋人までの距離(ディスタンス)/サーチ&デストロイ
1997年 ガタカ
1998年 大いなる遺産/ニュートン・ボーイズ/ベロシティ・オブ・ゲイリー
1999年 グッバイ・ジョー/ヒマラヤ杉に降る雪
2000年 ハムレット
2001年 ウェイキング・ライフ/テープ/トレーニング デイ/チェルシーホテル (兼監督)
2004年 ビフォア・サンセット(兼脚本)/テイキング・ライブス
2005年 アサルト13 要塞警察/ロード・オブ・ウォー
2006年 ファーストフード・ネイション/痛いほどきみが好きなのに(兼監督・原作・脚本)
2007年 その土曜日、7時58分
2008年 クロッシング・デイ
2009年 ニューヨーク、アイラブユー/クロッシング/ニューヨーク、狼たちの野望/デイブレイカー
2011年 イリュージョン
2012年 フッテージ
2013年 ビフォア・ミッドナイト/ゲッタウェイ スーパースネーク
2014年 6才のボクが、大人になるまで



★外部関連記事★

かるい散歩/これからのイーサン・ホーク&『6才のボクが、大人になるまで。』問題(なのか?)
8/25だっけなオーストラリア公開。監督の地元だね。『デイブレイカー』のスピリエッグ兄弟監督との2作目。SFスリラーだって。かっこいい。ポスターがかっこいい。この兄弟はイーサンの瞳の素晴らしさを分かってる!! 日本公開未定。デイブレイカーが東京国際映画祭に来たんだからさ。これ予告で面白そうだもん。絶対大丈夫。ロバート A.ハインライン『輪廻の蛇』がベースになってるそうです。イーサンの水玉シャツ(笑)




2015-02-21(Sat)

ダスティン・ホフマン Dustin Hoffman プロフィール

Dustin Hoffmanアメリカ合衆国ロサンゼルス出身の俳優。1937年8月8日生まれ (2015年現在77歳)
両親ともユダヤ系の血筋である。夫婦は映画好きで父親は監督を目指したこともあったそうです。 「ダスティン」という名前は当時のサイレントのスター「ダスティン・ファーナム」にちなんで付けられたという。幼少の頃からピアノを始め、ジャズピアニストになることが夢だった。地元の音楽院に進学して大学でも音楽を専攻したが、途中で自身に音楽の才能がないと自覚し、音楽学校を落第する前に、 2年制短期大学のサンタモニカ大学に転入して演劇を専攻した。映画好きの両親の影響もあったと思われるが、当時「演劇科は誰も落第しない」といわれていたことが動機であったようだ。大学は卒業したが、すぐに役者として食べてはいけるはずもなく、様々な単発的な仕事を続けながら、俳優への道を模索していた。18~19歳のこの頃から同じ道を目指すジーン・ハックマンと知り合いだったようだ。卒業から、2年後の1958年、ニューヨークに渡り、先にニューヨークに移動していたジーン・ハックマンと同じアパートに同居するようになり、二人は一緒にパサデナ劇場で二年間演劇の舞台に立った。 ホフマンはコマーシャルや単発的なテレビ番組での端役の仕事も得ていたが、さほど収入にはならず、生活の為に、様々なアルバイトなどをしながら、演劇の勉強を続けます。1960年、オフ・ブロードウェイで初舞台をを踏むと、翌年1961年にはブロードウェイで端役で初舞台に立った。その後アクターズ・スタジオで、演劇をさらに熱心に学び、努力を惜しまなかった。そして徐々に注目されるようになり、1967年に「Tiger Makes Out」という映画の端役でようやく映画デビューを果すことができた。これを、マイク・ニコルズ監督が見出し、映画史にも有名な『卒業』の主役に抜擢。これで一気にスターダムへとのし上がります。僅か映画二本目の出演でアカデミー主演男優賞ノミネートと、英国アカデミー賞新人賞受賞、ゴールデングローブ賞新人賞を 受賞するという大躍進を遂げたのでした。その後は、『真夜中のカーボーイ』や『クレイマー、クレイマー』『トッツィー』『レインマン』など、1980年代まで大作や話題作の主役に抜擢され「アカデミー主演男優賞」が 受賞2回「ゴールデングローブ賞でも主演男優賞 (ドラマ部門)」を含めて受賞4回など、受賞ラッシュが続きます。1983年には一旦ブロードウェーに復帰しており『セールスマンの死』でエミー賞主演男優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門) も受賞している。1990年以降は、年齢も50代となり、主役ばかりではなくなってきますが、主要な配役が続きます。子供から大人まで多くの人が知るところでは『フック』のフック船長が印象深いのではないでしょうか。近年では、監督も手がけるようになり、2012年には監督作品『カルテット! 人生のオペラハウス』が、トロント国際映画祭で上映されました。同じ年にケネディ·センター名誉賞も受賞している。70代後半となった現在は以前のように多くの作品に出演することはありませんが、自国のTVシリーズやTV映画で元気に活躍中です。2016年公開予定のカンフーパンダ3でも1・2に続けて声の出演を継続、現在収録中かもしれません。

私生活では、1969年に元バレリーナと結婚し、2人の娘がいたが、1980年に離婚する。同じ年に美容関係の会社を創設し大成した実業家の、リサ・ソルター(結婚後=リサ・ホフマン)と再婚した。この結婚の際に、映画で「ラブシーンをやらない」との誓約書を書かされたため、ホフマンには再婚以降は、そういった作品がありません。リサとの間には4人の子供をもうけており、現在は2人の孫がいる。2013年4月には来日しており、「徹子の部屋」に出演、黒柳徹子さんのファンだそうです。2013年8月には、癌の手術をしたことを公表。手術は成功したが、具体的な病名は伏せられている。癌は早期に発見され現在は気分もよく、健康状態は良好だという。

9c0ebd8715cc9bcb0cd57a56373b6905.jpg
映画『卒業』の頃の写真だと思います。     『トッツィー』での女装のホフマン          『フック』のフック船長

51+yuWhz3zL.jpg
パピヨン』でのドガ。スティーブ・マックイーンとのワンシーン



★受賞★
『卒業』英国アカデミー賞新人賞/ゴールデングローブ賞新人賞
『真夜中のカーボーイ』英国アカデミー賞 主演男優賞
『クレイマー、クレイマー』アカデミー主演男優賞/ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)主演男優賞/ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞
『トッツィー』英国アカデミー賞 主演男優賞/ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)
『セールスマンの死』ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミニシリーズテレビ映画部門)/エミー賞主演男優賞(ミニシリーズテレビ映画部門)
『レインマン』アカデミー主演男優賞/ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)主演男優賞

[出演作品]
1967年 卒業
1968年 ダスティン・ホフマンの100万$大捜査線
1969年 真夜中のカーボーイ/ジョンとメリー
1970年 小さな巨人
1971年 わらの犬
1973年 パピヨン
1974年 レニー・ブルース
1976年 大統領の陰謀/マラソンマン
1978年 ストレート・タイム
1979年 アガサ 愛の失踪事件/クレイマー、クレイマー
1982年 トッツィー/セールスマンの死
1987年 イシュタール
1988年 レインマン
1989年 ファミリービジネス
1990年 ディック・トレイシー
1991年 ビリー・バスゲイト/フック
1992年 靴をなくした天使
1995年 アウトブレイク
1996年 アメリカン・バッファロー/スリーパーズ
1997年 マッド・シティ/ワグ・ザ・ドッグ
1998年 スフィア
1999年 ジャンヌ・ダルク
2002年 ムーンライト・マイル
2003年 コンフィデンス/ニューオーリンズ・トライアル
2004年 ネバーランド/ハッカビーズ/ミート・ザ・ペアレンツ2/レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
2006年 パフューム ある人殺しの物語/主人公は僕だった
2007年 マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
2008年 新しい人生のはじめかた
2010年 バーニーズ・バージョン ローマと共に/ ミート・ザ・ペアレンツ3
2014年 シェフ 三ツ星フードトラック始めました



★外部関連記事★

映画ナビ/最新ニュース(2013年)
かねてより彼の大ファンだと公言していた爆笑問題の太田光の豪華対談が実現した。「中学生の時に『真夜中のカーボーイ』を観て大感動して、それから大ファンになった。爆笑問題がレギュラーを務めるラジオ番組のタイトルも<爆笑問題カーボーイ>にしたほど」という太田を、「まさか、僕のストーカーじゃないよな!?」と笑顔で迎え入れたダスティン・ホフマン。今回はTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」の収録を兼ねた対面となったが、ダスティンの過去作についての逸話や今回監督を務めた『カルテット!人生のオペラハウス』でのハプニングまで、なかなか聞き出せないような話題満載の非常に盛り上がる対談となった。
オヤジの映画缶/40代の映画回想録
オヤジの映画缶ご存知の方が多いと思われますが、本作のタイトルはアメリカ英語のスラング(俗語)であり、皮肉が込められたものです。なお、このタイトルを薦めたのはダスティン・ホフマンであり、トッツィーは彼の母親の愛犬の名前でもあったそうです。



2014-11-26(Wed)

マイケル・ファスベンダー Michael Fassbender プロフィール

マイケル・ファスベンダー1977年4月2日生まれ。ドイツ出身でアイルランド育ちの俳優。現在はロンドン在住。身長183cm。(2014現在37歳)

2歳の時にドイツ人の父と北アイルランド人の母と共にアイルランドに移住。母親はアイルランド独立運動のリーダーであったマイケル・コリンズの子孫だと伝えられている。両親は宿泊施設兼レストランを経営していた。神経心理学者の姉がいる。家族はカトリック教徒であり、マイケルも堂役をしていた。ドイツ語が堪能で、ピアノ、アコーディオン、ギターの演奏が得意。ヘビメタが好きで少年時代はギタリストになることが夢だったが、あまりにも小さな町だったため、メンバーが見つからず断念。そして自分に向いていることを探った結果が「演劇」だったという。

17歳の頃からロンドンの演劇学校で学んだあと舞台に立ち、2001年放送のTVシリーズ「バンド・オブ・ブラザース」に出演。その後も何本かのテレビシリーズにも端役で出演。およそ10年間の下積み生活が続きました。転機となったのは2007年「300」のスパルタ戦士役での映画デビュー。そして翌年の『ハンガー』では英国インディペンデント映画賞主演男優賞を受賞。同作品ではヨーロッパ映画賞男優賞にもノミネートされており知名度が一気に上がります。以降、世界的な大作への出演が続き、2011年には親友であるスティーヴ・マックイーン監督の『SHAME -シェイム-』で主役を演じ、第68回ヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞。同作でゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)のノミネートもされている。さらに、2013年公開の『それでも夜は明ける』ではアカデミー賞、英国アカデミー賞、ゴールデングローブ賞などで、助演男優賞のノミネートにあがります。 同作では受賞は逃しましたが、積み上げてきた経験と共に演技に磨きがかかっていると思える役者です。これから年齢を重ねる程、もっと力を付けていくのではないでしょうか。難しい役に挑戦してさらに驚かせてくれることを期待します。


009igb_michael_fassbender_003.jpg
私生活では、まだ独身で、どちらかというと恋には慎重派のようですが2014年の今年は
ナオミ・キャンベルがマイケル・ファスベンダーとデートという記事が。現在、お付き合い中のようです。

★受賞★
2008年『ハンガー』 英国インディペンデント映画賞主演男優賞
2011年『SHAME -シェイム-』 ヴェネチア国際映画祭男優賞

[出演作品]
2007年 300 〈スリーハンドレッド〉 /エンジェル
2008年 ハンガー /バイオレンス・レイク
2009年 ブラッド・クリーク/フィッシュ・タンク/イングロリアス・バスターズ
2010年 センチュリオン/ジョナ・ヘックス
2011年 ジェーン・エア/X-MEN: ファースト・ジェネレーション/危険なメソッド/SHAME -シェイム-
2012年 エージェント・マロリー/プロメテウス
2013年 悪の法則/それでも夜は明ける
2014 年 X-MEN: フューチャー&パスト/FRANK -フランク-

※TVシリーズ/TV映画
2001年 バンド・オブ・ブラザーズ[ミニシリーズ]
2004年 レジェンド・オブ・サンダー/シャーロック・ホームズ:淑女殺人事件/A Bear Named Winnie
2004-2005年  Hex[ミニシリーズ]
2006 年 名探偵ポワロ[ミニシリーズ]




★外部関連記事★

ラヴ・ハリ映画日記〜ときどき海外ドラマ〜
マイケル・ファスベンダーって「300」にも出てたってよ!他作品でも探してみる。いや〜「SHAME -シェイム-」のマイケル・ファスベンダー。「出来る子」じゃなアンタ!ハリウッドでは脱いで成功する人っているけれど。まさにそれじゃなアンタ!この人、これで当分は仕事に困らないと思う〜。ボクちゃんが初めてファスベンを認識したのは、X-MEN:ファースト・ジェネレーションと思いましたが。コレ。↓実に残念なものを頭にかぶっておいでですが!っつーかファスベンダーって、顔がサラッとしてるから記憶に残りづらいんだよね〜。だから「SHAME -シェイム-」で、パンツを下ろして正解「上の顔」より「下の顔」で記憶に残れたんだからさ!



2014-09-18(Thu)

ウィレム・デフォー Willem Dafoe プロフィール

ウィレム・デフォーアメリカの俳優、ウィスコンシン州出身。1955年7月22日生まれ (2014年現在59歳)
身長177cm。劇団ウースター・グループの創設メンバーとして知られる。

父親は外科医、母親は看護婦の家庭で、8人兄弟の7番目として生まれる。「ウィレム」とは幼少時の頃からの愛称です。兄弟達は、医者や弁護士などになっているが、デフォーは、そんな兄弟達とは異なり、ウィスコンシン大学に在籍中、演技に魅せられて中退し俳優を目指すようになる。そして前衛劇団シアターXに加わり、四年間ヨーロッパの各地を公演で廻ったあと、ニューヨークでエリザベス・レコンテの率いる劇団に加わります。1981年には、『天国の門』で初めて映画に出演するも、決定版でカットされてしまいますが、翌年『ラブレス』で主役を演じると、その後は、主要的な配役が多くなり、1985年の『L.A.大捜査線 狼たちの街』で注目を集め、さらに1986年の『プラトーン』では、強烈な印象を残す演技で、アカデミー助演男優賞のノミネートにも上がります。2000年の『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』でもインディペンデント・スピリット賞 助演男優賞を受賞し、2度目のアカデミー助演男優賞のノミネートにも上がっている。スパイダーマンでは、悪役グリーンゴブリンを三部作で演じていることでも知られます。
個性的な容姿と演技力で印象強く、どんな役をこなしても観る人の記憶に残る方です。

2007年には第57回ベルリン国際映画祭で審査員を務め、2014年のカンヌ映画祭でも審査員を務めた。広告関連では1990年にプラダのCMにも出演。私生活では2005年女優のジアダ・コラグランデと結婚。ジアダとの結婚前にパートナーだった女性との間に息子が一人いる。


img3390683874788.jpg
『プラトーン』での名シーン                『ストリート・オブ・ファイヤー』暴走集団のリーダー役も強烈  『ハンター』のマーティン



★受賞★
1986年『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』助演男優賞 受賞

[出演作品]

1982年 ラブレス
1983年 ハンガー
1984年 ロードハウス66/ストリート・オブ・ファイヤー
1985年 L.A.大捜査線/狼たちの街
1986年 プラトーン
1988年 サイゴン/最後の誘惑/ミシシッピー・バーニング
1989年 生きるために/7月4日に生まれて
1990年 クライ・ベイビー/ワイルド・アット・ハート
1991年 イントルーダー 怒りの翼
1992年 ホワイト・サンズ/ライト・スリーパー
1993年 BODY/ボディ/時の翼にのって ファラウェイ・ソー・クロース!
1994年 愛しすぎて 詩人の妻/今そこにある危機
1995年 欲望の華/ヴィクトリー遥なる大地
1996年 バスキア/イングリッシュ・ペイシェント
1997年 スピード2/白い刻印
1998年 ルル・オン・ザ・ブリッジ
1999年 イグジステンズ/処刑人
2000年 アメリカン・サイコ/アニマル・ファクトリー/シャドウ・オブ・ヴァンパイア
2001年 楽園の女/ぼくの神さま
2002年 スパイダーマン/ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター
2003年 ファインディング・ニモ/レジェンド・オブ・メキシコ
2004年 二重誘拐/スパイダーマン2/ライフ・アクアティック/コントロール/アビエイター
2005年 マンダレイ/トリプルX ネクスト・レベル/誘惑の微笑/リプリー 暴かれた贋作
2006年 インサイド・マン/アメリカン・ドリームズ/パリ、ジュテーム
2007年 Mr. ビーン カンヌで大迷惑?!/スパイダーマン3/ウィレム・デフォー セブン:ビギンズ ~彩られた猟奇~
2009年 アンチクライスト/ファンタスティック Mr.FOX/ダレン・シャン/処刑人II/ディブレーカー/狂気の行方/フェアウエル さらば、哀しみのスパイ
2010年 ミラル
2011年 ハンター/4:44 地球最期の日
2012年 ジョン・カーター
2013年 誰よりも狙われた男/ニンフォマニアック Vol.2
2014年 インファナル・ディール 野蛮な正義/グランド・ブダペスト・ホテル



★外部関連記事★

こんな映画観たよ!-あらすじと感想-/ハンター : 男の中の男が見せる優しさ ―
演者の中では、やはりウィレム・デフォーの存在感が抜群でした。さすが、名優と呼ばれるに相応しいだけのことはありますね。彼の場合、どんな役柄でも見事にこなしますが、本作のような孤独な男が特に似合いますよ。孤独の中でたまに見せる優しさ、男ですねぇ。

2014-08-27(Wed)

サイモン・ベイカー Simon Baker プロフィール

サイモン・ベイカーオーストラリアの俳優、1969年7月30日タスマニア生まれ。 (2014年現在45歳)

父親が整備士、母親が教師という一般家庭の出身。18才の時にシドニーの演劇芸術研究所に入学し演技を学んだ後、1987年にTV映画『Midnight Magic』に出演。89年には2本のテレビシリーズに出演。91年にはミュージックビデオに出演し、その後もTV俳優として順調に活躍していた。1997年には『L.A.コンフィデンシャル』で映画デビューを果し、その後『楽園をください』『マリー・アントワネットの首飾り』『ザ・リング2』『プラダを着た悪魔』など1年に1-2本位のペースで、ハリウッドや有名作品に出演をしている。もともとTV俳優であった彼は98年からの約3年間だけを除き、現在に至るまでTVシリーズでの活躍がめざましく、現在もアメリカのCBSで放送中の大人気TVシリーズ『THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル』で、2008年から100を超えるエピソードに主役として継続して出演し、高視聴率を維持している。 このドラマでエミー賞、ゴールデングローブ賞の主演男優賞のノミネートに上がり、また2010年には番組出演の契約金が破格の3000万ドル以上(日本円で約25億円)となり話題となった。

その他、2007年には日本の日産自動車エルグランドのテレビCMに出演、2012年から時計ブランド「ロンジン」のアンバサダーを務めている。そして、2013年2月には「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に殿堂入りを果した。同年、ジバンシーの香水のイメージキャラクターとして抜擢されている。私生活では女優のレベッカ・リグと結婚しており、彼女との間に1人の女の子と2人の男の子がいる。尚、現在の拠点は家族と共にカリフォリニア州のマリブとなっている。


「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル」が海外ドラマ専門チャンネルで放送されるまでは、日本では知名度の低かった俳優ですが、過去の映画出演作品を見れば「あの役をしていた俳優」って思い出すのではないでしょうか。役柄により自在な演技をする方です。
スーパー!ドラマTV『メンタリスト』

78963_20140827035427239.jpg
海外ドラマ『THE MENTALIST』           『マリー・アントワネットの首飾り』でのレトー 『シビル・ガン 楽園をください』のジョージ

THE MENTALIST/メンタリスト <フィフス・シーズン> コンプリート・ボックス (11枚組) [DVD]
THE MENTALIST/メンタリスト <ファースト~フィフス・シーズン>DVD ボックス (初回限定生産/57枚組)
THE MENTALIST/メンタリスト〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]
THE MENTALIST/メンタリスト〈ファースト・シーズン〉 セット2 [DVD]


[出演作品]
1997年 L.A.コンフィデンシャル/クロスゲージ
1998年 レストラン/裏切りのKiSS
1999年 シビル・ガン 楽園をください
2000年 サンセット・ストリップ/レッド・プラネット
2001年 マリー・アントワネットの首飾り
2004年 サイモン・ベイカー 結婚の条件
2005年 ザ・リング2/ランド・オブ・ザ・デッド
2006年 Something New/プラダを着た悪魔
2007年 セックス・カウントダウン
2009年 下宿人/リピート ~許されざる者~/EROTICS 美しい女たち
2010年 キラー・インサイド・ミー
2011年 マージン・コール

[TVシリーズ]
1993-1994年 Home and Away
1995-1997年 Heartbreak High
2001-2004年 堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン
2006-2007年 Smith
2008年~    THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル



★外部関連記事★

MISAKIの女の子ブログ(うら)/サイモン.ベイカー
はい、ブログに登場回数がやたら多い、我らが愛すべきタレ目ダンディ、サイモン.ベイカー。プラダを着た悪魔を初めて見た時、主演のアン.ハサウェイを誘惑する役をサイモンがやっていて、この人かっこいーなー金髪でタレ目で仕事できる男ってなんだよもーきゃんぺき(OvO)って思ったんです。そのあとTSUTAYAの海外ドラマコーナーに並んだメンタリストのDVDと堂々と鎮座するサイモンベイカーの巨大なポスターを見た瞬間わーイケメンダンディ♪( ´▽`)あ、れ?でもどこかで見た顔


ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
18位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

・歴史上の人物の選択から自分の人生を考え直す

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。