アクセスランキング
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-11(Mon)

遥かなる大地へ/ランドラッシュで実った恋

1992年 アメリカ
FAR AND AWAY 19世紀アメリカのオクラホマ州で実際に行われたランドラッシュにスポットをあて、それぞれの夢を実現させる為、その土地を目指す二人の男女の物語。監督は『スプラッシュ』『アポロ13』『ダ・ヴィンチ・コード』などの「ロン・ハワード」。出演したトム・クルーズとニコール・キッドマンは、この頃はまだ夫婦でした。二人とも20代前半。若い二人の可愛さも見ものですが、まだ表情にあどけなさが残るキッドマンの演技は、既に大女優の貫禄が感じられます。そんな、二人の、すれ違いラブストーリー。互いに惹かれあっているはずの二人は、お互いに自分の気持ちを伝えられず・・。

[あらすじ]
最初の舞台は1892年アイルランド。主人公のジョセフ・ドネリーは貧しい農夫の息子。ある日、農民達は地主に対し反乱を起こすが、巻き込まれた父親は重傷を負い、「人間何か持つとしたら何を置いても土地だ。」と言い残して死んでしまう。葬儀の日、地主の財産管理をしているスティーブンという男と、その手下に家を焼かれてしまいます。ジョセフは地主のダニエルに復讐するため、銃を持ち彼の屋敷に向かった。途中、立ち寄った酒場で偶然にダニエルに会ったジョセフは、彼のあとを付け屋敷にたどり着きます。納屋に忍び込むと彼の娘シャノンに見つかり、現れたダニエルに向けジョセフは銃を発砲したが銃は暴発。ジョセフはそのまま気絶する。・・・さぁ、この青年をどうしたものか?  「そうだ、スティーブンに相談しよう!」自分の財産管理まで任せているシャノンの両親は、情けのないこのスティーブンを信頼しきっています。実は、この両親も、苦労しらずの世間知らずです。そして、彼はシャノンの婚約者でもありました。

気を失っているジョセフは屋敷の一室のベッドに寝かされます。やがてスティーブンがやってきて、ダニエルを殺害しようとしたので、明日の朝、自分と決闘しろという。その日の深夜、シャノンがジョセフの所にやってきて、「ここは窮屈、家出してアメリカに行って土地をタダで貰うの!貴方も一緒に行くのよ。」と、ジョセフが屋敷に来た理由を知っているシャノンは、アメリカ合衆国が入植解禁し土地がタダで手に入ると彼に告げた。そして召使として自分と一緒に行く事を提案したのです。しかしそんな上手い話はないとジョセフは断り、シャノンを部屋から追い出します。

早朝、決闘直前、父親のダニエルはジョセフにくっいて歩き「自分を殺しにきた事が理解できる」と謝ります。ダニエルは農民達に起こっていた事を知らなかったのです。家を焼いたこともスティーブン単独でやったことでした。それでも決闘は始まります。しかし、霧がひどく周りが見えない状態。突然後ろからシャノンが馬車に乗って現れます。「考え直して!」。殺すか殺されるかより、とりあえずはこの場から去ったほうがいいに決まっています。ジョセフは咄嗟に馬車に乗り込むことに。ジョセフを後ろに乗せた彼女は叫びます。「good by!スティーブン!」

二人は船に乗り込みアメリカへ。到着したボストンでジョセフは役目を果たしたので一旦握手をして別れます。しかしその場で彼女は船内で知り合った人間に騙され一文無しになってしまいました。こうして二人はアメリカに着いたら離れるはずでしたが、一緒に行動を共にする事になります。どうにか地元のボスに雇われた彼らは売春宿のひとつの部屋に住み込み、兄弟として二人で工場で働きだします。
こうして可愛くて、はがゆい恋愛ストーリーが始まるのです。


 時を少し経て彼女の親とスティーブンも
 ボストンに来ています。
 アイルランドのクリスティー家のお屋敷は
 反乱により焼失してしまったのです。
 親が自分を探しているのを知っていましたが
 彼女は両親の元へ帰りません。

 ある日ジョセフはケリーの酒場の拳闘の試合に
 出場し大金を手に入れ人気者になります。

 彼が大金を稼いでくることや人気者になった事で、
 他の女性から誘いがあり嫉妬した彼女は

 「アタシだってお金を稼ぐんだもん!」と

 酒場の踊り子になる。・・・・と、
 彼女の体を隠しまくるジョセフ。(真剣!)
                     ・・・ギャグ?


ある日のこと、市会議員のバークが催した拳闘試合で何時もよりも高額を賭けた試合中、バークがシャノンに手を出すのを見てジョセフは試合を投げ出してバークに殴りかかります。(単純!)怒るジョセフは、試合に引き戻されるも、当然、ボロボロに惨敗する。大損をしたバークは怒りジョセフの有り金を没収した上に、寒い冬にも拘らず二人を無一文で宿からたたき出すのです。行き場所のなくなった二人はそれでも離れませんのね。 数日間空腹でさまよい、寒さをしのぐ為、ある夜に無人の邸宅に忍び込みますが、運悪く戻ってきた家の主人にシャノンは撃たれてしまいます。自分ではどうすることもできないジョセフは、傷ついた彼女をスティーブンに引渡し、彼女の前から去るのでした。

8カ月後、工事現場で働いていたジョセフは列車で移動中オクラホマで、土地を求めてやって来た人々に合流することが出来ました。そこで彼女と再会します。そこには彼女の両親とステーィブンもいました。ジョセフは夢を適えるべくレースに参加する準備をします。そして、ここでもまたスティーブンの嫌がらせが・・。映画を見ているこっちが心折れそうです。それでも、くじけないジョセフ。そして、ランドラッシュは始まります。

45879_20130213030240.jpg

[あとがき]
壮大な土地とタイトル&ビックな夫婦と俳優陣で製作されていますが、おそらく楽しんで作ったのではと思わせるような感じに好感が持てます。 コメディではありませんが、思わず「プププ・・・」って笑ってしまうコミカルが沢山詰まっている作品です。一番可笑しくって笑ったのは、トムの  「チンかくし」でした。(お母さーん!ソレちょっと違うから~キッドマン、早速、覗いて「うへへ」って顔してますケド・・)みんなシモネタ好きよねっ!
最後のシーンは、「死んでいる場合じゃないぞ!これからええコトが沢山あるやないかー」ということで、勿論、HAPPY ENDです。

遥かなる大地へ [DVD]

[監督]
ロン・ハワード
[出演]
ジョセフ・ドネリー     トム・クルーズ
シャノン・クリスティ    ニコール・キッドマン
スティーブン・チェイス  トーマス・ギブソン
ダニエル・クリスティ   ロバート・プロスキー
ノーラ・クリスティ     バーバラ・バブコック
トムリン          ランス・ハワード(ロン・ハワードの父)
フレイン          クリント・ハワード(ロン・ハワードの弟)



ランドラッシュ
350px-Oklahoma_Land_Rush (1)
 
 ランドラッシュ (Land Rush, Land Run) とは1889年4月22日に
 アメリカ合衆国政府が入植を解禁したオクラホマに白人が
 未開の土地を求め殺到した現象を指す。

 15ドルの入植手続き料を支払った人々がオクラホマとの境界に集まり、
 正午を告げる号砲が鳴ると一斉にオクラホマへと乗り込んでいった。
 彼らは一人当たり160エーカー(65ヘクタール)の土地を
 手に入れることができた。


★外部関連記事★

Radjan Therapy Author:ハマの三文芝居 遥かなる大地へ 主人公のジョセフは、働き過ぎだとバカにされていた。いくら働いても貧しさはなくならないのだ。相変わらず土地代は払えない。父親を殺され、家に火をつけられ、ジョセフは地主への報復を決意する。

スポンサーサイト
ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
19位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。