アクセスランキング
2013-02-17(Sun)

ニコール・キッドマン Nicole Kidman プロフィール

kkiiool_20130217050815.jpgアメリカ・ハワイ州出身のオーストラリアの女優、映画プロデューサー。1967年6月20日生まれ。(2015年現在47歳)アメリカ系オーストラリア人の両親のもとにハワイ州で生まれたため、アメリカとオーストラリアの二重国籍を持つ。

幼い頃から女優になることを夢見て、4歳からバレエを習い始め、演劇学校で発声や演劇史を学ぶようになり、高校は中退する。14歳で映画デビューし、地元オーストラリアで実績を積みます。1989年のスリラー映画 『デッド・カーム/戦慄の航海』 に出演。この映画を見たトム・クルーズにハリウッドへ招かれ、1990年の『デイズ・オブ・サンダー』 でトムと共演。この年のクリスマス・イブにトムと結婚する。「ハリウッドのおしどり夫婦」と呼ばれていたニコールとトムでしたが、結婚10周年記念の約2カ月後にトムから一方的に別れを切り出され別居。翌年2001年に正式離婚となる。ニコールは、精神的に深い痛手を負い、「完璧な結婚生活だったと思っていたので、信じられなかった。離婚した後は、ひどいうつ病になり、これから恋をすることができるのかとても不安になった」と語っています。離婚してからの出演作品を見ても判るように、彼女の演技は色褪せることがなく、彼女がスターになったのが、トムとの関係に基づくものではないということは明らかです。その後、2005年に人気カントリー歌手キース・アーバンと出会い、翌年に結婚。2人の娘にも恵まれました。また、トムとの間に迎えていた2人の養子(19歳)と(17歳)の子もいます。さらに2010年、代理母出産によりキッドマンにとっての三番目の娘を授かりました。現在、幸せな結婚生活を送っています。

1994年よりユニセフの親善大使、2006年から2010までは国際連合婦人開発基金の親善大使も務めていました。

baflo_NDPA002999-300x450_20130217055924.jpg
 男性的な険しい目元が魅力的             おなじみフォト                               3人目の女の子                     

★受賞★
[アカデミー賞]2002年度 主演女優賞 『めぐりあう時間たち』
[ゴールデングローブ賞]1995年度 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) 『誘う女』
[ゴールデングローブ賞]2001年度 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) 『ムーラン・ルージュ』
[ゴールデングローブ賞]2002年度 主演女優賞(ドラマ部門) 『めぐりあう時間たち』
[英国アカデミー賞]2002年度 主演女優賞 『めぐりあう時間たち』

[出演作品]
1983年 BMXアドベンチャー/アーチャーズ・アドベンチャー
1985年 陽のあたる街角/ニコール・キッドマン in シャドウ・オブ・ブロンド
1986年 ウィンド・ライダー
1987年 誘惑の香り/最も危険な悪女
1988年 デッド・カーム/戦慄の航海
1989年 囚われた女/ニコール・キッドマンの恋愛天国
1990年 デイズ・オブ・サンダー
1991年 ビリー・バスゲイト
1992年 遥かなる大地へ
1994年 マイ・ライフ/冷たい月を抱く女
1995年 誘う女/バットマン・フォーエヴァー
1996年 ある貴婦人の肖像
1997年 妻の恋人、夫の愛人/ピースメーカー
1998年 プラクティカル・マジック
1999年 アイズ・ワイド・シャット
2001年 ムーラン・ルージュ/アザーズ
2002年 バースデイ・ガール/パニック・ルーム/めぐりあう時間たち
2003年 ドッグウィル/白いカラス/コールドマウンテン
2004年 ハリウッドセレブ恋愛裏事情/ステップフォード・ワイフ/記憶の棘
2005年 ザ・インタープリター/奥様は魔女
2006年 毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト/ハッピー・フィート
2007年 インベージョン/ライラの冒険/黄金の羅針盤/マーゴット・ウェディング
2008年 オーストラリア
2009年 NINE
2010年 ラビット・ホール
2011年 ウソツキは結婚のはじまり/ブレイクアウト
2012年 ペーパーボーイ 真夏の引力
2013年 イノセント・ガーデン/レイルウェイ 運命の旅路
2014年 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札



★外部関連記事★

映画とライフデザイン アザーズ ニコールキッドマン「アザーズ」は英国チューダー調の古いお屋敷を舞台にしたスリラー映画だ。トムクルーズが題材を買い制作にあたる。当時妻だったニコールキッドマンが主演した。屋敷の中の部屋から、奇妙な物音が聞こえ家族が混乱していく姿を描く。

スポンサーサイト
2013-01-25(Fri)

ナタリー・ポートマン Natalie Portman プロフィール

77777888.jpg
イスラエルの首都エルサレム出身のユダヤ系の血を引いている女優 
1981年6月9日生まれ 主にアメリカで活躍。

イスラエルのエルサレムで生まれ、3歳になった年に米国に居住地を移す。10歳の時にモデルとしてスカウトされましたが、演技に興味があり女優を目指します。リュック・ベッソン監督の『レオン』で2000人以上の候補者からマチルダ役に選ばれ、わずか14才で世界中に知れる女優となりました。

ハーバード大学とイェール大学に現役で合格。ハーバード大学に進学し心理学を専攻、2003年に学士号を取得し卒業します。また、6ヶ国語に精通しており英語・ヘブライ語・フランス語・ドイツ語を独学、アラビア語も学ぶという才色兼備の女優。

私生活では、映画『ブラック・スワン』の撮影で出会ったフランス人バンジャマン・ミルピエと、2012年8月結婚しました。挙式はユダヤ教式で親しい友人と家族だけでこっそり行いました。
彼との間にはもうすぐ2歳になる息子アレフ君がいます。





★受賞★
2004年『クローサー』 ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞
2010年『ブラック・スワン』 ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)受賞
2010年『ブラック・スワン』 英国アカデミー賞 主演女優賞受賞
2010年『ブラック・スワン』 アカデミー主演女優賞受賞

[出演作品]
1994年 レオン
1995年 ヒート
1996年 ビューティフル・ガールズ/マーズ・アタック!/世界中がアイ・ラヴ・ユー
1999年 スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス/地上より何処かで
2000年 あなたのために
2001年 ズーランダー
2002年 スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
2003年 コールド マウンテン
2004年 終わりで始まりの4日間/クローサー
2005年 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 /フリー・ゾーン 〜明日が見える場所〜
2006年 Vフォー・ヴェンデッタ/パリ、ジュテーム/宮廷画家ゴヤは見た
2007年 マイブルーベリー ナイツ/ダージリン急行/ホテル シュヴァリエ/マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
2008年 ブーリン家の姉妹
2009年 ニューヨーク、アイラブユー/マイ・ブラザー/水曜日のエミリア
2010年 メタルヘッド/ブラック・スワン
2011年 ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣 /抱きたいカンケイ/マイティ・ソー
2013年 Thor: The Dark World




★外部関連記事★

ビールを飲みながら考えてみた… 【映画】ブラック・スワン:ナタリー・ポートマンが演じる母殺しと自分殺し
「レスラー」で見事に男の愚かさと哀愁を描いたダーレン・アロノフスキー監督が、「レオン」でマチルダを演じたナタリー・ポートマンを主役にバレエ・カンパニーを舞台に描いたサイコサスペンス。母娘関係の難しさや抑圧された欲望など、心理学的な観点から見ても非常に面白い作品。男性よりも女性の方が共感する部分は多いかもしれない。

ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
14位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・見ないなんてもったいない!【つまらない映画】の楽しみ方教えます

・KIKIの今日

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング