アクセスランキング
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-21(Fri)

チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道/中国孤児を救ったイギリス人の物語

2008年 オーストラリア・中国・ドイツ

51CaG2I6zlL_20121221231358.jpgこれは実話を元にした作品です。時代は、日中戦争の最中、イギリス人の「ジョージ・ホッグ」というジャーナリストがふとした切欠で、親を亡くした子供達がいる施設へ行く事になり、この子達の教師となります。そして、そこでの生活を安定させるのですが、中国軍は子供達を徴兵しようとしたため、彼は軍の手が届かないところまで子供達と移動することを決めます。そして黄石~山丹までの700マイルを、徒歩で移動して新天地にたどり着き、戦渦から子供達を守ったのです。「中国版・シンドラーのリスト」と言われている人物。人命を救った実在の人物を映画化したものとしては、他に「アフリカ版・シンドラーのリスト」といわれている「ホテル・ルワンダ」のホテルマンや、1200人ものユダヤ人を救った、「デファイアンス」なども思い起こしますが、こういった作品はいくつ観てもいいです。実話ならなおさらですね。この作品では、子供達は雪山から砂漠まで横断しているのですが、移動による厳さの描写はあまりされていません。だけど苦労の連続だったのだと思います。最後のシーンで子供達が登場し、それがどれ程のものだったのかが理解できます。だから耳を傾けて聴いてくださいね。ジョージ・ホッグは大学を出てから僅か7年、30歳という若さで亡くなりますが、その愛に満ちた短い間の記録は、彼が残した学校と書籍、ホァンシーの子供達、そして墓石に刻まれています。ホッグは今でも多くの人に大切な事を伝え続けているのです。
[あらすじ]
1937年の日中戦争勃発時期、上海滞在の「ジョージ・ホッグ」は、取材のため、赤十字の人間と身分を偽って南京に潜入。中国の市民を殺害する日本軍の姿をカメラに撮影するも、(南京事件)日本兵に見つかり、処刑寸前のところを 中国共産党の軍人に助けられます。助けられたホッグは、その軍人の友人である看護婦の提案で、黄石 (ファンシー)に行くことになるのです。


01_20150916061440978.jpg

02_2015091606314953f.jpg
震えながらシャッターをきるが・・・       捕まり処刑される寸前で・・               共産党員ジャックたちに助けられる。

 
  ジャックは看護師のリーに相談する。
   

  「中国語を喋れないオックスフォード大学出の
                 この男をどうしたらいい?」
  
  
  中国人と共に前線で戦うつもりだったホッグ。ジャックは、
  そのために「まずは黄石へ」と。そこに、何があるのか
  ホッグは、わからなかったが、まずは中国語を学び
  ジャックと一緒に戦うためと、その地へ向かう。
  そして、そこで 見たものは・・・60人の孤児たち。 

  荒れ果てた施設で食べ物も無く荒んだ生活と
  彼らの心の傷を目の当たりにします。

  意図していないことではあったものの、彼は
  言葉の通じない子供達との距離を少しずつ縮めていくのです。 


01_201509160656512f5.jpg
看護婦のリーが食料を持ってやってきます。  シラミ退治で寝具の焼却。          次は子供達の番というリーに・・毒舌セリフ似合いすぎ

リーは子供達を彼に任せて去ってしまう。自分の思惑とは異なる役目を押し付けられ一度は出て行こうとしました。でも、彼は足を止めるのです。

02_2015091607300841d.jpg
王(ワン)さん。作物の種を提供しました。   子供たちは自給自足の生活ができるようになります。 母親を亡くした幼い兄弟を引き取ります。

施設での生活も落ち着いてきた矢先、軍は子供達を徴兵しようとします。ホッグはこれに抵抗し投獄されます。 直ぐに王さんが来て彼は釈放されますが・・。ホッグは軍が子供達を追ってこない場所へ連れて行く事を決心するのです。そこは1000キロも先の地でした。

02_2015091607565377b.jpg
王さんは「あなたに見合うだけの額を」と。          子供達に新天地へ行く事を告げる。

それは、周りの人から言わせれば途方も無い事でした。出発のその日、王さんは彼らを見届けると、ホッグを釈放した対価を支払います。
それは彼女自身の身である事をホッグは知りません。彼女の店にはもう何も無いのです。そしてもうひとつ、悲しい出来事が起きます。

01_20150916082347f86.jpg

山丹まで、700マイル(およそ1100キロ)。 極寒の雪山・広大な砂漠、そのほとんどを徒歩で。
それはのちに“小さな長征 ”と呼ばれることになります。

チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道 [DVD]
【出演】
ジョージ・ホッグ   ジョナサン・リースマイヤーズ
リー・ピアソン     ラダ・ミッチェル 
ジャック(陳漢生)  チョウ・ユンファ 
マダム王(ワン)   ミシェル・ヨー


[実際のジョージ・ホッグ]
U1584P28T3D1970113F328DT20080401142706.jpg
 ・1915年、ジョージ·ホッグは英国のハーペンデンで中流家庭に生まれる。 
 ・末っ子であり、非常に幸せな子供時代を送る。
 ・1937年 オックスフォードを卒業。
 ・1938年 UPI通信フリーランスの記者として世界を回る為に英国を出る。
 ・インド 日本を回った後、中国社会を研究する為中国に滞在することを決めた。
 ・20代で4人の兄弟の養父となった。
 ・中国の民衆の生活、抗日戦争の様子を撮影した写真を外国に郵送して
  国外から大量の薬品と寄付金を募り、中国を支援。抗日戦争に協力している。

 ・山丹で学校を設立して数年後、破傷風で独身のまま亡くなります。
  このとき二人の少年がバイクで500マイルを往復し蘭州に薬を入手しに行きました。
  しかし、間に合わず、子どもたちの歌声で穏やかな臨終を遂げます。30歳永眠。

  死の間際、彼は一行の文字を書きます。「私の全てを培黎学校に捧げる」
  1945年7月22日埋葬。そして、彼の死からわずか23日後に日本が降伏。

 

Img256379857.jpg    U1584P28T3D1970113F326DT20080401142706_20121222042452.jpg
現在の山丹には「ホッグ シャンタンベイリースクール」が。          ホッグとRewi(路易・艾黎)の墓

※映画の看護婦の女性「リー」は架空の人物でロマンスは脚色です。「Rewi/路易・艾黎」という男性が一緒に学校を運営したようです。
 作品中の「リー」は、彼がモデルになっているのかもしれません。(中国語が判らないのであくまでも私の想像ですが)

 [書籍]
 ジョージ·ホッグ[北京パブリッシングハウス1984年]
 ↓[オックスフォードからシャンタンに・ジョージ·ホッグの話]
preview1206776480863_451604_20121222115956.jpg
                          ホァンシーの子供たち・フォッグが養子にした4人の兄弟は
                          現在、シャンタンベイリースクール(培黎学校)の校長です。
                            



                 1195f32c6f0 (1)

         彼は命を救われたときから、この中国の地に骨をうずめる覚悟でいたのかもしれません。




011_20140618053035d93.jpg

★内部関連記事★

・大虐殺の中、1200人を匿ったホテル支配人→ホテル・ルワンダ
・同じ時期に中国にいたイギリスの小説家J・G・バラードの体験をつづった半自伝的作品→太陽の帝国


◆外部関連記事◆

●これは真実のストーリー。(T_T) 命を懸けて子供たちを救った青年ジョージ・ホッグの、知られざる実話である。1930年代の終わり、拡大する日中戦争の戦火が南京から黄石に迫りつつあることを知り、中国人孤児60名を連れてシルクロードを横断する逃避行をしたイギリス人ジャーナリストがいた。日本軍の銃弾を避けながら荒涼とした大地を渡り、極寒の雪山を越え、広大な砂漠で砂嵐に見舞われ、遂には山丹の寺院へと辿り着く。700マイ...
チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道




スポンサーサイト
ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
26位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。