アクセスランキング
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-08-24(Mon)

6才のボクが大人になるまで/アメリカっ子たちの子育ち白書

2014年 アメリカ
7才のボクが大人になるまで「題名」そのままの、ボクの成長ドラマです。物心付いた頃に、主役として抜擢されたエラー・コルトレーン君が、6歳ぐらいの時から18才までを、同じ俳優で他の家族3人と共に、実際に12年かけて作り上げたというもの。よく、こんなに気の長い作品を作ろうと思ったものです。物語の内容は、主役の少年メイソンと母と姉、そして離婚した父親らの、日常と生活の変化。大きな事件やここ一番といえる見せ場はありません。けれどとってもリアルで身近。12年の間に変化する登場人物の外見の変化も面白い。ちょっとの脇役まで、最後に登場させるところも拘ってます。見る人の立場によって、家族の誰かの目線で作品を観ることのできる、変わっていて、いままでにない作品です。

[あらすじ]
6歳のメイソンは、母オリヴィアと姉サマンサと3人暮らし。母子家庭です。まだ若いオリビアには彼氏もいます。その彼氏と言い争いをした彼女は別れて、突然、祖母の家があるヒューストンに引っ越すと言い出します。おかげで子供達は、わずかな物しか持っていけず、文句垂れまくり。ちなみに、オリビアの長所は、行動力があり機転が早いこと。無駄な物はすっぱりと切り捨てる女性です。ヒューストンに移り住んだオリビアは祖母の協力を得て、より良い収入を得るためにと、大学に通うようになります。そんな頃、1年ぶりに、彼らの本当の父メイソン・シニアがやってきた。小さなアメリカっ子たちは、両親が離婚した後、もう一方の親と会うことは一般的。これ以降、子供達はパパと度々遊びに出かけます。パパが大好きな二人は大はしゃぎ。本当は、ママと仲良くなってもらいたいけれど、会えば、ママはパパに冷たいのです。そんなパパはというと、もういい年なのにミュージシャンへの夢を捨て切れません。そのため、定職にもついておらず、単発的な仕事ばかりをしているよう。以前のようにパパと一緒に暮らしたい二人ですが・・。どうやらそれが叶う様子はありません。

02_201508230205004ae.jpg
家に入り込み~あとでママに叱られるパパ    今日は野球観戦。                   歌の歌詞 リアルすぎるよww

大学に通っていた母親は、そこの大学の講師のビルと恋仲となり再婚します。相手にも二人の子がいたので 家族は6人となります。立派な家に住み、子供たちは仲良くしていましたが、やがて義父は変わってしまう。どうやら酒乱であることを隠していたよう。徐々には暴力的になり、変貌してしまいます。実のパパと過ごす2週間に一度の週末は、そんな義父から解放される時間ではあったけれど、そんな現状などいえない二人。やがて、危険を感じたオリビアは子供を連れだし、着の身着のまま友人の家へ逃げ込みます。二人はまた友達にも、兄弟となって過ごした二人にも別れを言えませんでした。そして新しい学校へ行く事になりますが、二人とも、うんざりしているよう。メイソンは言います。「家族はいたさ前にもね」(何故ママはわかんないのさ)

02_2015082302255297d.jpg
サマンサはママにこれからの事を聞きますが・・。 この親子の出番は少ないけど、ラストでまた出てきます。その変身ぶりは?

今はオバマが選挙に出陣中~。今日はオバマ支持者のパパのお手伝いです。あらら!マケイン・ジョンの看板をはずしちゃう。
「捕まっちゃうよ~!」パパっ!これって、いけないことじゃないの??

02_20150823025110419.jpg
イーサンはガチでオバマ派             娘のフェイスブックから彼氏を発見        これ言うのって勇気がいる。(親の立場です)

やがて、パパはミュージシャンの夢を諦めて保険計理士の資格を取る。同じ頃、ママは学校を卒業し自立。大学の心理学の講師となり仕事は好調です。年頃になったメイソンは 男友達(悪友)もできて内緒のパーティ。お酒の味を覚えます。さらに彼女もできます。ある日、メイソンはパパと会っているときに、パパの知り合いだという女性アニーに会った。メイソンはパパに聞きます。(彼女とキスした?)親子でも互いに隠すことなどしません。この頃、パパは安定した仕事につくことを現実的に考えている様子です。

ある日、ママは自宅に生徒を招いてパーティを開いた。今度は、ここに来た生徒で、ジムという男がママと恋仲になった。やがて、ジムは家を購入し、一緒に住むことになります。籍も入れたよう。ママも仕事をしてはいたが、リフォームでお金が掛かり節約生活。経済的に苦しい母を責めるサマンサと それを庇うジム。子供には大人の事情などわかりません。お金の事を心配せずに文句を言えるサマンサは、恵まれています。

やがて、パパは例のアニーと結婚。赤ちゃんが生まれます。メイソン15歳の誕生日、パパやアニーと出かけると、自分が16歳になったら自分にくれると言っていた車を売却したことを知る。そのお金で、ファミリーカーに買い換えていたのです。ショックを受けるメイソンでしたが、すっかりマイホーム主義になったパパはそんな事など忘れてしまっています。現実的な理由ですが、彼に大人の事情など理解などできるはずもありません。不機嫌なメイソンに、パパは言います。「車は将来自分で買える」 プレゼントはビートルズの歌をパパ独自に収録したCDでした。

02_201508230350274ee.jpg
秘密のパーティで背伸びするボクら       ジム&パパ 日本も将来こんなシーンが普通になる?    不機嫌なメイソン

元陸軍兵で堅物のジムには、今時の若者の感性が理解できません。ある日、夜遊びで帰ってくるメイソンに、口出ししますが、メイソンは反発。ジムは決して悪くはなかったけれど、難しい年齢の子供達の父親になれるほどの度量など持ち合わせてはいないし、子供達と友達のような信頼関係も築けてはいません。リアルですね。彼は出て行きます。ジムとオリビアカップルは、最初からズレていました。行動力があり機転が早く無駄な物はすっぱりと切り捨てる頭のいいママの欠点は、男を見さだめることができないこと。計算高くないという面では同調してしまいますが。

やがて、大学に進学したサマンサは家を出て寮で生活。一方、メイソンは、写真に夢中。アート系の写真家になりたいと考えた。高校2年生、メイソンはガールフレンドを連れてサマンサのいるオースティンの大学へ遊びに行った。けれど彼女とはその後破局。3年生になると、コンクールでメイソンの写真が賞を受賞する。そして奨学金で大学へ進学することになった。ママは卒業祝いのパーティを開いてくれた。そこにはパパとアニーも。

02_2015082502510003f.jpg
パーティのあと、パパとふたりで出かけたライブハウスで、メイソンはガールフレンドと別れたことを打ち明ける。・・・・パパのアドバイスは?

メイソンは大学へ行くため寮に移る準備をする。オリビアは無駄に広くなってしまった、ローンの残っている家を売却して、アパートへ引っ越した。 メイソンが家を出るその日、寂しさに泣き出すオリビアは「人生最悪の日」だと言った。自分がやってきたことは結婚して出産して離婚して二人を大学に送り出しただけ、あと自分に残されているのは葬式だけだという。子供が手を離れてしまったあとの焦燥感で一時的に感情的にはなりますが、もともと柔な性格ではありません。すぐに、次の目標を見つけます。

寮についたメイソンはルームメイトと気があった。仲良くやれそうです。そこには彼の彼女と友達がいた。誘われたメイソンは彼らと出かけます。
知り合ったばかりの女の子とただずむ一瞬。
02_20150825032304a60.jpg


[あとがき]
(世は片親世代)片親なら、是非、家庭に常備しておきたいこの作品の「DVD」。子供に伝えたくても伝えにくいこと、上手く伝えられないことを、イーサンがズバズバ言ってくれます。未熟な大人の為のバイブル。飾らない、かっこつけない。大人だって一生懸命。親は子供と共に成長するのだということを気づかせてくれます。同時に子供達にとっても、大人を理解するのによいかもしれません。とても身近であり、多くの人に好まれ、高く評価されているのもうなずけます。あたりまえの小さな事、でも大事な事が沢山つまっていて、日常で、ふと忘れがちなことも再確認させてくれる素敵な作品。お勧めの一本です。

6才のボクが、大人になるまで。 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]


[監督]
リチャード・リンクレイター
[出演]
メイソン・エヴァンス・ジュニア/主人公エラー・コルトレーン
オリヴィア・エヴァンス/メイソンの母パトリシア・アークエット
メイソン・エヴァンス・シニア/メイソンの父イーサン・ホーク
サマンサ・エヴァンス/メイソンの姉ローレライ・リンクレイター
キャサリン/オリヴィアの母親リビー・ヴィラーリ
ビル・ウェルブロック/オリヴィアの二番目の夫マルコ・ペレッラ
ミンディ・ウェルブロック/ビルの娘ジェイミー・ハワード
ランディ・ウェルブロック/ビルの息子アンドリュー・ヴィジャレアル
ジム/オリヴィアの三番目の夫ブラッド・ホーキンス
アニー/メイソン・シニアの後妻ジェニー・トゥーリー
アニーの父親リチャード・アンドリュー・ジョーンズ
アニーの母親カレン・ジョーンズ
スティーヴ・エヴァンス/メイソン・シニアの兄弟 ビル・ワイズ





★外部関連記事★

monad/スペイン・ジュエリーのセレクトショップ、モナド(文京区 根津)のブログです 。映画「6才のボクが、大人になるまで。このように、子どもたちが成長していくだけでなく、大人たちも次第に変わっていくリアリティが、この映画の魅力でしょう。映画の終盤、ニコルという女の子がメーソンに向かって「みんなseize the momentっていうけど、それは逆でthe moment seizes usだって思うの」と言うシーンがありますが、まさにそういう映画だと思います。


スポンサーサイト
ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
7位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・KIKIの今日

・面白いおすすめ映画20選!騙されたと思って観て欲しい【最新版】

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。