アクセスランキング
2013-08-24(Sat)

ダ・ヴィンチ・コード トム・ハンクス

2006年 アメリカ
The Da Vinci Code数年前に観た作品ですが当時は大まかに理解した後、細かなことを考えませんでした。
先日、トムハンクスのプロフィールを投稿したところ、この作品はトムハンクスの「ハズレ」ではないかという家族の意見で、再び見てみることに・・。

結果、謎解きなのに引き込まれる要素がなかったから細かいことを考えなかったのだと納得しました。内容は極めて単純で、つまりは「マグダラのマリアの棺の争奪戦」です。棺は結局は見つからないのですが、ラストに主人公が残された最後のメッセージからひらめいてその場所が判ったところで物語は終了。ストーリー中の説明も、要らないと感じる箇所が非常に多く、お話は俳優のセリフのQ&A方式で進んでいき、暗号のアナグラムとフィボナッチ数列はいいとして、他はヒントが無く製作者?にしか、わかるはずのない自己中心的な答えと無理矢理なこじつけ。謎解きなのに、観ている側の推理する楽しさを残してくれません。。それでもこの作品をどうにか観られるのはトムハンクスはじめ主役レベルの俳優人達のおかげだと思います。ダヴィンチの謎への興味や出演俳優や撮影現場などの話題性で興行収入的には大成功ではありましたが、後に宗教的な表現などで様々な波紋を呼んだ映画となりました。

最初に戻りますが、ではこれはトムハンクスの出演作品の「ハズレ?」と聞かれると、そうとは感じられず。リー役の「イアン・マッケランファーシュ」とファーシュ警部役の「ジャン・レノ」と共に、こんな作品をよく引っ張ったなーという感想です。書籍のほうは世界的なベストセラーとなっているので、映画のほうはそれを上手く再現できなかったのかもしれませんね。


123698_2013082702580082a.jpg

今回改めてこの作品を観て、ちょっとだけ得しました。
最初に見たときは見逃してましたが「リーの執事役」の俳優さん。めちゃくちゃいい男ですね~新発見。

しかしこの方、自国でのテレビシリーズでの仕事が多く、日本で上映されてる作品にはこれ以外は登場していないので知名度がほとんど無いのが残念。若くはないですが再びハリウッドに登場して欲しいと思いました。

Jean-Yves Berteloot (ジャン-イブ ベルトロット) 
1958年生まれ フランス人俳優

おそらく気になっていた女性も多かったのでは?



ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット
[監督]
ロン・ハワード
[出演]
ロバート・ラングドン   トム・ハンクス
ソフィー・ヌヴー      オドレイ・トトゥ
リー・ティービング    イアン・マッケラン
シラス           ポール・ベタニー
アリンガローサ      アルフレッド・モリーナ
ファーシュ         ジャン・レノ
ジャック・ソニエール   ジャン=ピエール・マリエール
アンドレ・ヴェルネ    ユルゲン・プロホノフ
レミー・リュガルテ    ジャン=イヴ・ベルトロット



★外部関連記事★

サルヴァスタイル美術館へご来訪ありがとうございます。
この美術館は、『ひっそりと隠れ家的な美術館を』とのコンセプトをもとに、各時代や様式を代表する絵画作品の展示や、絵画における主題や用語の解説などをおこなっております。■ 最後の晩餐 Ultima Cena (Cenacolo)1495-1497年 | 460×880cm | 油彩・テンペラ |サンタ・マリア・デレ・グラツィエ聖堂修道院食堂(ミラノ)

スポンサーサイト
ブログ内検索
ブログ内ページランキング
外部アクセス元ランキング
プロフィール

ちゃのりん

Author:ちゃのりん
映画から歴史を探るのが好きです。
俳優&映画紹介と、ノンフィクション映画の実在の人物像も探ります。


★好きな俳優★

ジョナサン・リースマイヤーズ

ssssj.jpg


お気楽ブログ55011enn_20150420222943fef.jpg


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
14位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

新作映画情報「ぴあ映画生活」ドラマ
アクセスカウンター



RSSリンクの表示


お役立ち
ブログ翻訳
favorite
・★前田有一の超映画批評★

・映画ライター渡まち子の映画評

・死ぬまでに一度は行ってみたい場所

・イナダ・ラングエイズ研究財団(ILFAR)稲田頼太郎

・NPO法人イルファー稲田頼太郎
(One Coin のご寄付を!)

・薬屋のおやじのボヤキ

・世界飛び地領土研究会
・欧州:世界遺産めぐり

・不思議館 古代の不思議

・見ないなんてもったいない!【つまらない映画】の楽しみ方教えます

・KIKIの今日

カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング